無意識にやってない? 人から敬遠される話し方

無意識にしている話し方で、「この人と話していると疲れるなぁ…」と思われているかも?

会話
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の話し方って、なかなか客観的に見られないですよね。もしかしたら、無意識にしている話し方で、相手から距離を置かれているかもしれません。

今回は、関わりたくない話し方の特徴について、fumumu取材班が聞いてきました。


①相槌を繰り返す

「『はいはい』『なるほどなるほど』など、相槌を繰り返されるイラっとしますね。本当に話を聞いているのか? と思います。こちらの話を流されているみたいじゃないですか。


腕を組んだり、頬杖を付きながら話を聞く人に多い気がします。無意識でやっている人も多いんでしょうけど、止めた方がいいんじゃないかと思いますね。『はいはい、わかるわかる』とか、絶対わかってないだろ! と思ってしまうので」(20代・男性)


関連記事:顔を見るのも嫌な相手がいる? 喋るタイプのコミュ障に苦手意識も

②すぐ否定する

「こちらの意見を毎回否定する人は苦手です。討論しているんじゃないのに、いちいち突っかかってくる人っていますよね。どうしてそこまで否定されなくてはいけないんだろうと思ってしまいます。


昔の職場に否定から入る人がいて、本当にすべてのことに対して駄目出しするんですよ。私が柴犬が好きなことを話したら、『柴犬ってそこまでかな~あんまり好きじゃなーい』とか。あんたの好みなんて聞いてないわ! って感じですよね。


否定されるのも疲れてしまって、なるべく距離を置くようになっちゃいました」(20代・女性)


③会話を遮る

「こちらがまだ話しているのに、遮って自分の意見を言ってくる人は嫌です。人の話をちゃんと聞いてほしいですよね。


ひどい人だと、まだ話しているのに遮って、無理矢理自分の話に変えてくる人もいるじゃないですか。あれ? 今私が話してたのに…って思ってしまいます。


人の話なんて聞きたくないんですかね? 一方通行の会話になってつまらないので、そういう人とは関わりたくないです」(20代・女性)

会話の相性は人それぞれなので、なにが正解か決めるのは難しいですよね。

でも、相手の話をしっかり聞く、意見を尊重するなど、意識できることから始めてみればなにか変わるかもしれないですよ。

・合わせて読みたい→「B型」って聞くだけで…苦手意識が出てくるのはなぜ?

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!