街コンってどんなところ? 普通の合コンとどう違うの?

街コンというものがありますが、実態をつかめていない人も多いですよね。詳しく聞いてみました。

合コン
(Tomwang112/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

たまに街コンという言葉を耳にしますが、よく分からないだけに敷居が高いと感じている人もいるのではないでしょうか。

そこで、fumumu取材班は、合コンとの違いを聞いてみました。


①普段の生活で出会えない人と出会える

街コンならではのメリットもデメリットもあるという肉食女子の経験に基づく意見は…。

「わかりやすい違いは、合コンは3:3や4:4が基本ですよね。街コンは20人~50人規模の大人数で圧倒的な参加人数の違いがあるんです。あとは、市や区の商業に携わる関係のイベントコラボとして開催されることもあります。


なのでメリットは、友達同士が混じっていることもないし、完全に普通の生活では出会うことのない男性と出会えること。逆に多すぎて的が絞りくいというデメリットもありますが…。出会いに積極的な方は参加してみるのも良い経験になるかもしれません」(20代・女性)


関連記事:お金をムダにした…。街コンの残念な体験談

②気を使わなくて後腐れしない

共通の知り合いの紹介でないからこそ、軽い気持ちで参加しやすいという意見もありました。

「街コンはとにかく気を使わなくて済むいわゆる一期一会的な交流の場なんですよ。合コンだと、友達を引き立てたり、職場つながりがあるけど街コンはそうじゃない。ほんと、見ず知らずの人たちと話せる。


そして、50人100人規模のものもあって、地域が参画してやってることも多いんだよね。色んな価値観の人と話せるのが利点。ただ、恋愛の発展度だとまだ合コンの方が確率は高めですね」(20代・女性)


③いい人は多いけれど温度差も

街コンは様々な目的の人が多いようで…。

「話してみて温度差を感じることが多いかな。でも、すぐに話を適当に切り上げるのも難しくて、時間が無駄になることも多いかも。『彼女と別れちゃって』みたいな人とか、『なんかよくわかんないけど楽しそう!』みたいな人もいるし、ガチ婚活勢までいるんですよ。


恋愛相手を探すが合コンや結婚相手を探す婚活のように、目的がわかりやすいならいいけど、とりあえずノリで参加してる人も多いし。本当に恋人が欲しかった私は、まじで1日の時間を無駄にしちゃった感じです」(20代・女性)


あまり期待しすぎず、気軽に赴く感覚の方が良いのかも?

・合わせて読みたい→こんなはずじゃ…「山コン失敗談」聞いてみた

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!