彼氏に奢られたくない女子もいる! 彼女たちに理由を聞いてみた

彼氏に奢られたくないタイプの女性もいます。心理を聞いてみました。

支払う女性
(lolostock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性が奢ってくれると言ってきたなら「ラッキー」「ありがたい!」と思うことが大半ですよね。ですが、少なからず頑なに奢られるのを嫌がる女性もいます。

そこで、fumumu取材班は、女性たちに理由を聞いてみました。


①二人三脚で支え合いたいという想い

相手の事情まで考えるほど愛があるからこその行動だという女性意見も…。

「奢ってくれる、羽振りのイイ男って、時代が変われど今も需要は大。ですが、今や懐事情が厳しい男性の心理を熟知する女性もわずかながらにいます。いま私が付き合って4年目、結婚もした彼に言われたことがあります。


『今までの元カノと決定的に違う』と言われた背景には、私が割り勘を積極的に提案していたからなんですね。やっぱり、彼も仕事で無理をしているところがあるんじゃないかなと思います」(30代・女性)


関連記事:女子がドン引き「1円単位で割り勘をする男子」のありえない言い訳3選

②対等でない感じや期待が怖い

お金を出してもらうということで、「してやった」と思われるのが嫌だという意見も。

「精神的に自立心の強い女性は『対等じゃない感じが嫌だ』『ありがとうを期待されている気がする』『遠慮して値段をみて決めなくてはならない』などなど…。“奢ってもらったら、○○しなければならない。○○したほうがいい”の思考回路の女子が多いように感じます。


決して何が何でも割り勘がいい、と頑なになっているわけではなく、特別な記念日などは奢ってもらったらうれしいと感じる女子は多いです。しかし、常日頃から奢られ続けるのは“奢ってもらったら○○しなければならない”の呪縛のもと、自分が苦しくなるのでしょう」(20代・女性)


③折半にすることで金銭感覚を試している

「折半してこそ、お互いのお金の価値観が理解できる」と語る女性の意見は…。

「だって、出したくないものには1円も出したくないし、本当に欲しいものならちょっと無理しますよね。そういう感覚って、お互いにお金を出すときこそ、わかりやすいと思うんです。


あと、彼のほうが収入がいいケースが多いけれど、私のレベルに合わせることができるかっていうのもわかりますよね。そろそろ結婚も考えたい年頃。そういうところから探りを入れてます」(30代・女性)


目的や考えがあって奢られるのを拒否する人もいるようです。そういう人に「いいから」と押し付けてしまう男性はちょっと考えものかも?
しかし、言われると納得する部分って多いですよね。

・合わせて読みたい→デキる男に見えたのに…女子が「交際を敬遠した」男子のお金の使い方4選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!