恋愛をしたいのに「男性が怖い」…どうしたらいい?

男性恐怖症でも恋をしたいことがあります。方法を聞いてみました。

悩む女性
(Chinnapong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

過去のトラウマや先入観から、どうしても男性が苦手である人は少なくありません。ですが、それでも恋愛をすることに恋い焦がれる人もいますよね。

そこで、fumumu取材班は男性恐怖症でも素敵な男性を見つける方法を聞いてみました。


①自分と向き合ってみる

なぜ、男性恐怖症なのか…という原因を見つめ直す必要があると語る女性は…。

「『男性そのものがわからないから怖い』もしくは『ひどい経験をしたことがあるからこそ怖い』このどちらかの場合が多いです。ぼんやりとした恐怖感を抱えたまま、恋愛をすることはとても苦しいですよね…。


自分で“自分は男性が怖いんだ”と認め、少しずつ“大丈夫”の経験を積み上げていくと、男性へのハードルが下がると思います。周囲の男性と挨拶する、談笑する、友達の男友達と会ってみる、などと少しずつ挑戦を重ねて“大丈夫”を増やしていってみてください」(20代・女性)


関連記事:男子が物申す! 「草食系って言わないで」 怒りのワケは…

②草食系だと合う可能性も

男性恐怖症に肉食男性をぶつけたら最悪な結果を招きがちですよね。ですが、草食男子となら問題なかったという意見も…。

「友達から聞いた不幸話や、自分自身が裏切りを受けると、男性恐怖症におちいってしまうことってありますよね。過去の私がまさにそうで、恋愛に完全な消極的モードになっていました。


ある日、女友達と一緒に飲みに行った時に言われたのは『草食系男子がいい』ということ。肉食系男子のように押しが強い人は怖くなってしまうので…。いま想いを寄せている男性は相性の良さそうな草食系男子。問題は、告白をしてくれるかどうかですが…」(20代・女性)


③あえて公言し自分のペースを守る

グイグイ来られたら、帰って恐怖症は悪化しますよね。そのため、自分を守るためにあえて公言してしまうのも方法だとか。

「恋がしたいということは、男性に興味があるということですね。無理に話しかけようとしたりすると、さらに怖い気持ちが加速してしまうこともあるので、自分のペースでいきましょう!


男性恐怖症なんだということを公言しておくのも一つの手かも。それをめんどくさいなと思うような男子は勝手にサヨナラします。そんなことで遠ざかってしまうような男は、相性が合わなかったんだ! くらいでよいです。それでも傍にいてくれる人から、少し話してみるといいと思います」(30代・女性)


いつか素敵な人に恋をして、男性恐怖症が和らぐといいですね。素敵な彼氏と出会って、少しずつ他の男性たちとも話せるようになってきた…という女性の話を聞いたこともありますよ。

・合わせて読みたい→積極的に自分からキスをしてくる彼女、男子はどう思っている?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!