夢追いダメンズはキケンだけど…応援してもいい男子の夢って?

夢追いダメンズとは言いますが、応援できる夢もあります。違いを聞いてみました。

悩む女性
(Damir Khabirov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「夢追いダメンズはダメ」と言われますが、目標があること自体はいいことですよね。なかには現実的であって、応援しても良い男性もいるはずです。

そこで、fumumu取材班は応援しても良い夢追い男性の特徴を聞いてみました。


①先を見据えた夢追い

夢追いについつい引かれてしまう女性は、第三者から意見をもらう方法も…。

「私は、夢追いメンズが大好きで、付き合う時は夢のある男性に絞って選んでいます。ただ、過去に”見切り”をつけた彼氏もいました。


それは、ミュージシャンになるという夢だったんですが、『俺はビッグになる!』という口先だけで、週に何度かカラオケに行く程度で夢を語る程度。将来の展望が全く見えず、さらに愚痴もこぼしていたんですね。


現実的な夢ならいいんですが、自分から見ても第三者目線で見ても絶望的なほど希望が薄ければ、酷かもしれませんが離れることをオススメします」(20代・女性)


関連記事:「夢がない」のは悪いことなの? 焦らないための意見を聞いてきた

②段階的に目標を立てているか

段階的に計画を立てて遂行していかないと、目標を達成するのは難しいですよね。また、夢はいつまでも追い続けて良いものではないと感じている男性もいるようで…。

「夢を実現するための目標を、段階的に立てられているならよいと思います。それは実現させるということを冷静に考えられているからです。『どうにかなるさ』という考え方もいいけど、それはあくまで万全の準備があってこそのこと。


また、夢をかなえられなかったときのために、期限を決めている男子も現実を考えていると思います。特に彼女がいるなら、結婚適齢期には安定した生活がしたいもんです。ただ目指すばかりでなく、現実を踏まえて考えられているか、を観察したほうがいいと思う」(20代・男性)


②計画性・努力・才能を見極め

夢を追うのには期限を設けるべきだという男性意見もありますが、幼すぎるのも危険な場合があるという女性意見も…。

「ある程度の年齢であれば、現実的に叶う可能性のある夢ならば応援できますが、完全に夢を見ているだけのレベルは難しいのではないでしょうか。そういう夢見がちな癖って、なかなか治りません。仮に友達としては応援できても、彼氏となると危険。


綿密な計画性や、実際いまその夢に向かって努力しているという明確な実績があれば彼女としても寄り添って応援することができるかもしれませんね」(30代・女性)


野心のある男性は素敵ですよね。現実的な夢なら応援したいものです。

・合わせて読みたい→売れてないアイドルなら付き合えるかも? 夢を抱く人たち

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事