好きな人には「構ってちゃん」になりたい時も…どこまでなら大丈夫?

彼氏には甘えたり構ってもらいたくなりますよね。許容範囲を聞いてみました。

カップル
(Wavebreakmedia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

普段は構ってちゃんタイプでなくとも、好きな相手には、時には構って欲しいと感じることがあるのではないでしょうか。

そこで、fumumu取材班は男子の許容範囲を聞いてみました。


①やんわりと表現することを心がける

言い方次第で構ってちゃんの受け入れ度合いが変わるかも? そう感じさせる男子の意見は…。

「構ってほしいときに限って連絡がなく、ついアピールを過度にしてしまいそうになるときってありますよね。彼が忙しい時に『なんで放っておくの!?』などダイレクトに言ってしまうことは逆効果。


『忙しいと思うけど、ちょっとだけでも会話したいな』と、伺いをたてる感じでふんわりと感情を伝えてみると、嫌な気持ちにさせることなく付き合ってくれたりするものですよ」(20代・男性)


関連記事:彼が女の子といるとヤキモチを妬いちゃう! 彼が許せる嫉妬のライン

②彼の器の大きさをよく観察

人それぞれ許容範囲って違うものですよね…。その見極め方法は…。

「人それぞれ許容量は違うので、彼の心の器の大きさをよく観察して動くといいかも。彼が構ってくれたり、気を遣ってくれたりしたのに、そこからさらに構ってちゃんをエスカレートさせるのはやめたほうがいいですが。


『めんどくさい』と彼が一度でも思ってしまったら、その気持ちを消すのって、とっても大変なんですよ。もし彼が構ってちゃんを不快だという思いを伝えてきた場合は、その気持ちを汲み取るようにしてみましょ! 常にその心の準備をしつつ、拗ねたり不機嫌になってみたり、構ってちゃんを楽しむのも良いと思います」(30代・女性)


③趣味は邪魔しないことを意識する

「絶対に邪魔されたくない時間」があるという男性の意見というのが…。

「自分の趣味を邪魔しないなら大丈夫です。僕はゲームが好きなので、仕事終わりは特にゲームをしたくなります。ストレス発散になる時間なので、僕にとっては大事な時間です。


もちろん彼女のことも大切ですが、ゲームをしているのを邪魔されると「せっかくリラックスしているのに…」とイラっとしますね。逆に趣味に没頭していないときなら、どんなに甘えられても受け止めるので…相手の大事な時間を気にかけてほしいです」(20代・男性)


タイミングや話し方などに注意すると良さそうですね。

・合わせて読みたい→甘えん坊はかわいいけど…男子が嫌う「かまってちゃん女子」の特徴

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!