恋愛はキラキラして楽しいだけじゃないな…と感じた瞬間

恋は楽しいだけではありません。経験を聞いてみました。

ハート
(andreikorzhyts/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛に夢を見ているとキラキラした印象を感じてしまいがち。ですが、もちろんのこと実際には楽しいことばかりではありません。

fumumu取材班は、楽しいだけじゃないと実感した瞬間を聞いてみました。


①受け止めなければならない部分

女子は共感を求める一方で、男子は生産性のない会話を好まない傾向にあることが言われています。そのため、女子に合わせるのを苦痛に感じることもあるようで…。

「恋は盲目ってよく言いますよね。僕は、超遠距離になってしまったがために別れた彼女がいました。純愛そのものだったので今も若干引きずっています…。彼女がいてもまだ元カノのことが忘れられないのは、やっぱり比較してしまうから…。


今の彼女は、最初は清楚でおしとやかな印象だったんですが、付き合いはじめると仕事や友人の愚痴ばっか…。聞き上手の男性ならいいかもしれないけど、僕はそうではないので、あまりドロっとしている時間が続くと耐えられないかもしれません」(20代・男性)


関連記事:恋に恋してるってどういう状況? 理解した大人たちに聞いてみた

②相手の言動に一喜一憂 して…

好きになるとそれだけ相手が特別になって幸せですよね。でも諸刃の剣だと感じている女性によると…。

「相手の言動ひとつひとつに振り回されてしまうことは、恋をしていればこその幸せであり、苦労でもあります。恋は、幸せやときめきの感情ばかりではなく、悲しみや怒り、憎しみといった負の感情が発生することも度々あります。


当然といえば当然ですが、年を重ねると恋と結婚がセットで考えられることも多くなります。親をはじめとして周囲の人間から相手の条件的な確認をされると、社会的なスペックが重要であることを嫌でも痛感することに…」(30代・女性)


③理解してもらえずますます落ち込む

男女で思考は違うのは仕方ないことですが、「きっと彼は理解してくれるはず」と期待してしまうがゆえに…

「好きな相手だからこそ理解してほしいっていうのがあって。参ってるときとか、ここは理解してほしい! と思うときとかにに突き放されてしまうと、今ある状況以上に精神的に辛くなって、参ってしまうんです。


この先やっていけるのかな〜なんて思う場面もたっくさんありましたね」(20代・女性)


「楽しくないから別れる!」ではなく、本当に彼と関係を続けていきたいか考えると良さそうです。

・合わせて読みたい→恋愛感情がない「アセクシャル」 恋人と関係を続ける原動力は?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事