親を嫌いになってもいいの? 「毒親」から決別した人の心理とは

疑問に思うような扱い方をされて、「親だから」と我慢していませんか?

道を歩く女性
(jimdoberman/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「親なんだから大切にしなきゃ」という気持ちにこだわって、自分をないがしろにしていませんか? それが親でも、一緒にいて苦しくなるのなら距離を置くのもひとつの方法です。

今回は、親と離れた決意をした人たちに、離れたかった親の特徴を聞いてきました。


①否定ばかりする

「両親は私が小さいころに離婚して、母親に育ててもらったんですが、昔から私の選ぶ選択はすべて否定するんです。部活も、高校も、会社も、すべてに口をはさんでくるんですよ。


昔は親だから普通のことだと思っていたけど、大人になるにつれておかしいなと思うようになったんです。親なら、子どものやることを応援してくれてもいいのにって。


親に否定されて育ってきたので、自分の選択に自信も持てないんです。親とずっと一緒にいたら自分が潰されてしまうと思って、今年から一人暮らしを始めました。


親に住所は教えていません。たまに連絡は来るけど、自分の生活が安定するまでは会わないようにしたいですね」(20代・女性)


関連記事:そのお金はどこから? 無理してデート代を奢る男子のドン引き行動3選

②お金をせびる

「高校でバイトを始めたころから、なにかと親にお金をせびられてきました。『今まで育ててやった金を返せ!』と言われたこともあります。


親だからその言葉も正しいと思っていたけど、友達に『あんたの親はおかしい、たぶん毒親だと思うよ』と言われて、少しずつ洗脳が解けてきた気がします。


一人暮らしをしても親から仕送りを強制されていたけど、自分の生活も苦しいのでストップしてみたんです。最初はものすごく怒られたけど、本当に仕送りをしないと分かると連絡も来なくなりました。


親だからって、子どもが稼いだお金をもらう権利はないですよね」(20代・女性)


③恋愛に口出しをする

「私が社会人になっても、付き合う人すべてに口を出されてきました。実家暮らしなこともあって、恋人がいることを隠し通せなかったんですよね。


相手の職業や実家の場所など、教えるまで何回もしつこく聞かれて、親が納得しないと別れろと言われることもありました。そんな親に嫌気がさして、家を出たんです。住んでいる駅も教えていません。


やっと自由に恋愛できる! と思うと、すごく伸び伸びした気分です。親の顔色を窺って恋人を選ぶなんて、絶対に変でしたよね」(20代・女性)

血が繋がっている相手でも、どうしても合わない人は存在します。自分を第一優先に考えて、選択肢を持つことが必要です。

・合わせて読みたい→同棲前に挨拶しないと損? 親の許可を得て良かったこと

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!