USJハロウィンの仕掛人!「行くしかねぇ」と視聴者からワクワクの声

2日『セブンルール』でUSJのハロウィーンイベントの仕掛人・廣畑直子さんを特集しました。

セブンルール
(画像は7RULES (セブンルール)Twitterのスクリーンショット)

2日に放送された『セブンルール』(フジテレビ・カンテレ系)を見た視聴者のUSJに行きたい熱が加速しているようです。


■ハロウィンの仕掛人!

今回の主人公は、大阪にあるテーマ・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのプロジェクトリーダーの廣畑直子さん。

廣畑さんは、約2か月間開催される『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』を担当しています。USJのハロウィーンといえば、テーマパーク内にゾンビが現れ、毎年ワクワクするし、ゾクゾクもするイベントが行われていることで有名ですよね。

1年かけてハロウィーンのイベントを企画するという廣畑さん。番組はハロウィーンイベントが開催される2週間前から密着。アトラクションを実際に体験し、責任者と意見交換をしたり、期間限定のメニューの試食会に参加したり…。

「子どもから大人まで楽しめる世界最高のハロウィーン」を目指して奮闘している姿が見られました。

多忙な日々ですが、2人の娘との時間は大切にしている一面も。仕事が忙しくて娘たちに会えない日はビデオ電話で話し、休みの日は一緒にパークで遊びまくる。少しの時間ですが、常に明るく笑顔で振る舞う廣瀬さんの魅力が伝わる回でした。


関連記事:ディズニーシー、レベルの高いハロウィーン限定グルメを満喫!

■閉園後と開園前に…

そんな廣瀬さんのセブンルールはこちら。

ハロウィーンイベントのリハーサルが行われるのは、お客さんが帰ってからの閉園後と早朝の開園前。「自分がビクッってしなかったらお客さんもしない」。自身で歩き回り、どのようなものにしていくか「お客さん目線」で考えぬく姿を見ることができました。


■USJに行きたい!

このハロウィーンイベントの裏側を見て、「USJに行きたい!」という視聴者からの声が後を絶ちません。

番組では、今年のハロウィーンイベントに見所の紹介され「これを見たい!」とワクワクが止まらなくなる人が続出。スタッフが時間をかけて取り組んでいる姿を番組で見たことでまた違った面白さが見えてくるかもしれません。

まだ10月は始まったばかり。ぜひ、この秋はUSJに足を運んでみたいですね!

・合わせて読みたい→不動産屋×キャバ嬢 「水商売の偏見をなくしたい」二足のわらじを履く女性に密着

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!