結婚の決め手は? 元カノではなくて妻を選んだ理由

自分とは結婚してくれなかったのに、どうして? 既婚男性たちに、決め手を聞きました。

プロポーズ
(Witthaya Prasongsin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

長年付き合った彼氏が、自分と別れた直後に、他の女性とすぐに結婚したとショックを受ける女性は少なくありません。

結婚の決め手は、付き合った長さに比例しないのでしょうか?

fumumu取材班が、元カノではなくて妻を選んだ理由について、既婚男性たちに詳しい話を聞きました。


①お金の使い方が堅実

「初デートの時、値段を気にしながらメニューを選んでいた妻。堅実なお金の使い方に、安心感を覚えました。結婚したら家計を一括で管理することになるので、金銭感覚が合うことは結婚の決め手になりました」(20代・男性)


関連記事:結婚の決め手は? 「彼女を妻にしよう」と思った3人の意外なキッカケ

②料理が美味しい

「妻の手料理を初めて食べた時、あまりの美味しさに衝撃を受け、結婚を強く意識しました。元カノたちが下手だったわけではないのですが、味の好みが合うかどうかは別です。完全に、胃袋を掴まれました」(20代・男性)


③共通の趣味を楽しめる

「ダーツバーで出会った妻。一緒にダーツをする約束が、いつの間にかデートになり、自然と付き合うようになりました。そして、トーナメントでペアを組んだのがきっかけで一緒に行動することが増え、そのまま結婚してしまいました」(20代・男性)


④自分の家族に好かれている

「妻を初めて実家に連れて行った時、両親が嬉しそうにしている姿を見て、結婚を決めました。今まで紹介した元カノたちは、『ワガママそう』とか『派手』など、ダメ出しされてばかりだったので」(20代・男性)


⑤相手の気持ちに寄り添える

「妻との出会いは、アパレルショップ。どうしても欲しい商品があり、電話で在庫の問い合わせをしたのがきかっけです。


『最後の1点です』と言われたので、仕事が終わってすぐにお店に直行したのですが、既に店頭では完売の様子。泣く泣く帰ろうとした時、『もしかしたら、先ほどお電話下さった方ですか?』と聞かれたので頷いたら、『きっといらっしゃると思って取って』と、商品を持ってきてくれました。


本当に、感動しました。僕の妻は、相手の気持ちに寄り添うことができる、とても素敵な女性です」(20代・男性)


彼氏がなかなかプロポーズしてくれないと悩んでいる人は、参考にしてみてもいいかもしれません。

・合わせて読みたい→「この子を一生離したくない!」 男子が結婚相手を選ぶときのポイント

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!