彼はいつも強くて頼れると思っていたら…弱い一面を知ったエピソード

頼れる男性にも弱い一面があることが多いです。エピソードを聞いてみました。

手をつなぐカップル
(vadimguzhva/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏に頼り甲斐を求める女性は多いですよね。実際、頼れる男子というのは多いと思われますが、実は弱い一面を見せられないでいる可能性もあります。

そこで、fumumu取材班は、ずっと頼れる男性だと思っていた彼が、ふとしたときに弱い一面を見せたエピソードを聞いてみました。


①言わないだけで仕事で追い込まれていることもある

「彼氏の弱い部分を見て、さらに好きになった」という女性は…。

「頼れる所は当然好きでグイグイ引っ張っていってくれるんですが、付き合って1年を迎えた頃、仕事の納期が間に合わず私に弱音を吐いたとき、母性本能を思い切りくすぐられました。


母性本能は高めだと自負していたから、『今度は私が支えてあげたい』と彼に告げて、そこから現在交際期間は2年目になりましたが、3年目を節目に結婚も視野に入れています」(20代・女性)


関連記事:おっちょこちょいな彼氏がかわいい! エピソードを聞いてみた

②お酒を飲んで初めて聞く弱音

会社からも親からも評判のいい彼。ある時、普段はお酒を飲まない彼が少しだけお酒を飲んで酔っ払ってポロリと弱音を…

「『どこでもいい人って言われるけど、本当はそんな俺ばっかりじゃない。俺の中にだってドス黒い部分や汚い感情だってあるのに…』と。


普段そんなそぶりを全く見せない彼だったのでびっくりしました。が、嫌な気持ちになるわけでもなく、どこか人間臭さを感じ安心したくらいでした。それと同時に、弱音を吐く相手にわたしを選んでくれたことがうれしくもありました」(30代・女性)


③弱っているときこそ強がっているのを知った

お調子者で、粋がっているタイプに見えていた彼氏。同棲をはじめたことで見えた一面とは…

「ある時、『そっとしておいて欲しい』とつっけんどんに言われて、ちょっとイラッとしたんですが、仕事のことで悩んでいたことを明かされました。


そういう時に、弱い部分を見せられずに強がったことを言ってしまうタイプなんだなとわかってから、『なんかあったの?』『困ったときはできる限り協力するからね』という言葉をかけ続けたら、弱い一面を見せてくれるようになりました」(20代・女性)


頼り甲斐を求めすぎたら、彼は本当の弱い自分を見せることが難しくなってしまうかも…。そういう一面も受け止める姿勢を見せられたら良いですね。

・合わせて読みたい→甘えん坊彼氏を支持する女性は半分も!? 愛される甘え方伝授

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!