話し合いをしたいのに… 「意味がない」と聞かない彼への対策3つ

話し合いをしたくても、彼が突っぱねてしまうこともあります。対処法を聞いてみました。

カップル
(bernardbodo/Getty Images Plus/写真はイメージです)

価値観の違いや受け入れがたいことを知ってしまったとき、喧嘩になってしまったときなどは話し合いをしたいと思う場面も多いですよね。

しかし、話し合うことでお互いに理解できればと思うものの、彼のほうが「話し合っても意味がない」と突っぱねてしまうこともあるでしょう。

そこで、fumumu取材班は、話し合いをしてくれない彼をその気にさせる方法を聞いてみました。


①たまには下手に出てみるのも効果的

話を聞いてくれない彼ってどこかやきもきしてしまいますよね。そんな彼に対して「自分のプライドを少し放棄した方法」で解決したという女性は…

「たいていは話の聞く耳をもたないのって、本当に“頑固”なんです。だから、悔しかったけど『お願いだから、私を理解してほしいから、あなたのことが大好きだから』と下手に出つつも愛情表現を重ねました。


すると、本音を彼も打ち明けようと、腹を割って口を開いてくれるようになりました。最初はプライドが邪魔するけれど、愛しているならその方法は効果的ですよ」(20代・女性)


関連記事:DV男とは付き合いたくない…うまく見極める方法は?

②まずは彼の意見を引き出す

話し合いのときに『でも…』と反論していないですか? もしかしたらこの言葉で話し合う気力をなくしてしまっているかも…?

「彼は、自分の意見は取り入れてもらえないと考えているのだと思います。口がたつのは女性の方なので、男性は自分が言っても無駄だと思ってしまうみたいで。そのため『とりあえず意見が聞きたい』という名目で、彼の考えを聞き出してみてはいかがでしょう。


もちろん、反論したい気持ちが出てくるでしょうが、意見を聞くだけにとどめておいて…。それを繰り返していけば、俺の意見も聞いてくれるんだなと話し合いに応じるようになってくれると思います」(30代・女性)


③話し合いの意味や価値を感じさせる

話し合いをはじめる際『大袈裟な話し合い』ではなくて『ちょっとした相談』くらいの手軽なものからスタートするといい、との意見も。

「話し合いをする意味、価値を彼が感じられるように仕向けてみましょう。今何食べたいか、これからどこに行くか、など題材はライトなテーマを選びます。


そして、それにより『お互いの考えてることや希望を知ることが出来てうれしい』、『食べたいものを知ることが出来て、希望の食事ができた』など成功体験を積みます。


最後に『話し合って決めてよかったね』と、さりげなく彼にフィードバックします。これを繰り返していくうちに話し合いは二人の間で自然に行うことができるようになるでしょう」(30代・女性)


感情のぶつかり合いにならないように、一度自分が冷静になってからアプローチすると良さそうですね。

・合わせて読みたい→彼氏とケンカ…上手に関係を修復し、さらに仲良くなる対処法

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!