離婚の危機に陥ることも…義両親との同居が上手くいかない理由

義両親と同居したがために、夫婦生活までダメになることがあります。話を聞いてみました。

(monzenmachi/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

結婚しても両親と一緒に暮らしたいと思う人や、両親が高齢になることへの不安から同居を考える人もいることでしょう。

しかし、パートナーの方が多大なストレスを抱えてしまい、精神的に参ってしまったり、場合によっては離婚の危機に瀕することまであるようです。

fumumu取材班は義両親と同居してしんどかった経験を聞いてみました。


①家庭の価値観が違いすぎる

気に入られようと、義理の母親にプレゼントなどをあげて努力していた女性のしんどかったこととは…

「価値観そのものが違っていることがケースとして挙げられるかもしれません。私の場合、好きな趣味を探ってそれに合わせるやり方を実践しました。


やはり一番気を遣うのはお義母さんでした…。お花が好きなお義母さんの誕生日には花束をプレゼント。ただ、『ガーデニングは好きだけど、花束はそんなに…』とか、『バラはバラ園に見に行くのが好きなの』とか…。価値観の違いはしんどかったですね」(30代・女性)


関連記事:結婚したい相手…彼の家族と価値観が合わない場合の対処法3選

②いい嫁さんでいるために…

やはり相手の両親にはいい自分を見せていたいと思うもの。『いいお嫁さんだね』のの期待に応えたい反面、疲れてしまうことも多いようです。

「家によって小さなルールも違うし、それに慣れていくだけでも大変。なのに、自分自身を出せずに疲れてしまいました。


ただ、徐々にひとりになれる時間を作って、読書の時間にしました。この時間でリフレッシュできた自分がいるので、同居する予定の人は、なんでもいいから1時間でも、ひとりで夢中になれる時間は必要」(30代・女性)


③夫婦でのコミュニケーション不足

そもそも義両親は他人なので、同居は上手くいかなくて当然。ここで必要なのは夫から妻への配慮がすべて、という意見も。

「上手くいかないと感じている時点で、夫に対して結婚生活での不満を感じていることが多いです。夫が妻へ最大限の配慮をして初めて、平和な同居が成立するんですよね。


夫とのコミュニケーション不足は、同居の失敗の大きな理由の一つです。コミュニケーションをしっかりとって、あきらめずに冷静に自分の想いや考えを、夫に伝え続けていくことがなによりも大切です」(20代・女性)


自分が楽しい環境だと、なかなかパートナーのストレスに気づけなくなってしまうのが危険なところ。できれば同居を再検討したり、パートナーの心休まる場所を作るようにしたいですね。

・合わせて読みたい→周りは結婚していくけど…「独身でよかった♡」と思う瞬間

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!