ネガティブは悪いことじゃない!? 「ネガティブでよかったな」と思うこと3つ

「ネガティブよりポジティブのほうがいい!」それって、本当にそうなのでしょうか?

悩む女性
(kieferpix/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

改善するべき点として語られることが多い「ネガティブ」ですが、本当に悪いことばかりなのでしょうか?ネガティブだからこそ、得られるものはないのでしょうか?

今回は、ネガティブでもよかったなと感じた経験を、fumumu取材班が聞いてきました。


①人が言われて傷つく言葉を察知できる

「人から言われた言葉をものすごく気にする方なので、逆に相手が言われて嫌なことがなにか、しっかり考えられているように思います。


人からの言葉を気にしない人って、誰かに対して傷つく言葉をぽんと言ってしまうこともあるんですよね。


自分が傷つくように、相手も自分の言葉で傷ついてしまうかもしれないじゃないですか。自分勝手な発言はしないように、気をつけたいなと思っています」(20代・女性)


関連記事:心配しているフリをして…足を引っ張る人が使う3つのネガティブワード

②計画を立てることが上手になる

「先のことをすごく心配してしまうタイプなので、その分計画を立てることがとっても上手になりました(笑)旅行の計画も完璧なので、友達に頼りにされることも多いです。


仕事のときも、先を見越していろいろ準備しているので、上司に褒めてもらうこともありますよ。失敗するのが怖いから、準備を怠らないだけなんですけどね。ネガティブだからこそ身についた能力なのかなと思います」(20代・女性)


③失敗をスルーせずに原因を考えることができる

「職場の先輩から、『失敗したことをちゃんと振り返っていてえらいよね』と言われたことはあります。自分的には、失敗を簡単に流すことができないだけだと思っていたんですけど…。


確かに、同じ失敗はしないようにものすごく気をつけるし、どうして失敗したのかちゃんと考えるほうだと思います。


『失敗しちゃった~』と笑ってスルーできる人にも憧れるけど、成長できると思えば、失敗を流すことができない自分も悪くないのかもしれないですね」(20代・女性)

先のことを心配してしまう、人の言葉に毎回傷ついてしまう。そんなネガティブな性格は、裏を返せば、未来を予測して動くことができる、誰かを傷つく言葉を避けることができる、と言えるのかもしれません。

「ネガティブだから駄目なんだ!」と思い込む前に、ネガティブのいい点に目を向けてみるのもよさそうですね。

・合わせて読みたい→無意識に言ってない? 周りをウンザリさせるネガティブな口癖3つ

(文/fumumu編集部・nana

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

おすすめ記事