結婚してても恋人がほしい!? マッチングアプリにひそむ既婚男性の特徴

意外と多い…マッチングアプリでセカンドパートナーを探しちゃう男性の特徴とは

喜ぶ男性
(MangoStar_Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

マッチングアプリで「やっと良い人と出逢えたー!」なんて喜んでいたら、実は既婚者だった…。 なんてことがチラホラあるようです。女子の貴重な時間を、既婚者の暇つぶしに使われないために。

fumumu取材班は、こんな事態に遭遇してしまった女の子達から、見分けられそうなポイントを教えていただきました。


■LINEへの移行を避けがち

「いつもマッチングアプリで良い感じにメッセージが続くと、LINEの交換をしていました。

その人は、会う約束も決まっているのに、かたくなに『LINEの交換は会ってからがいい』とのことでした。少し変だなと思ったのですが、そのままデートすることに。


会ったその日にホテルに誘われ…。実は既婚者ということを告白されました。事前にLINEの交換をしてくれない人は、何か隠してる可能性があるかもって勉強になりました」(20代・女性)


関連記事:「ありえない…」マッチングアプリで出会った最悪な男子

■職業をふわっとしか教えてくれない

「いつも仕事終わりの平日にデートに誘ってくれるのに、『どんな仕事をしているの?』と聞いても『IT系』とざっくりな回答。会社の場所すらまともに教えてくれませんでした。


最初はそういうタイプの人なんだと思っていたのですが、土日に会えないことにも不信感が…。実は彼は既婚者でした。今思えば、最初のメッセージの段階から、仕事の事すらまともに教えてくれない様な男は除外すればよかったです」 (30代・女性)


■メッセージの時間が大体決まっている

「あとから既婚者だとわかったったサラリーマンの彼は、思い返してみるとマッチングアプリ内でのメッセージの頃から、レスの時間がいつも決まっていたように思います。


即レスなのは、自宅を出て出勤までの時間、昼休み。そして21時以降はレスなしでした。帰宅後は、奥さんに怪しまれないようにスマホを触らないようにしていたのかもしれません。レスしてくる時間に注目しておくといいかもしれません」(20代・女性)

既婚者の餌食にならないように、あやしいポイントは事前に押さえておきたいですね。

・合わせて読みたい→絶対に幸せになれる! 彼が「運命の相手」である5つのサイン

(文/fumumu編集部・あふれたネゴト

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!