GENKING、セクマイへの誹謗中傷や当事者へ…心情を吐露

GENKINGさんが性転換で批判を受けたことを告白。自身の心情を吐露しました。

2017年にタイで性転換手術を受け、戸籍上の性別が”女性”になったタレントのGENKINGさん。名前も「沙奈」へと変更していました。

しかしこれに対して批判もあったようで、手術の経緯や価値観について、16日に自身のインスタグラムで説明しています。


■知らない人からの「オカマ」という言葉

好きで生物学的に男性として生まれてきたわけではないGENKINGさん。自分の心が女性であるという事実を受けて、「自分が間違えて生まれたせいを病気だと思っている」と綴りました。

そのため、タイで受けた性転換手術も、治療の一環だと考えているようです。

インスタには一部、心無いコメントも寄せられていることを明かし、「見た目がキモいだのダサいだのは、言われても許せるんだけど、私知らない人が言うオカマって言葉が本当に嫌いなんだよね」と心情を吐露しました。


関連記事:トランスジェンダーなのに性転換手術しない理由とは?

■アンチやいじめをする人たちへ

また「誰にも言えず結婚した人も居るし、怯えて悩んで自殺する人もいる。私みたいに生まれ変われるのが当たり前じゃなかったりする」と自身の経験から、同性愛者、両性愛者、トランスジェンダーなどの“性的少数派”である「セクシャルマイノリティ」に悩んでいる人が大勢いることにも言及。

さらに、GENKINGさんの元へ寄せられる誹謗中傷する人に対し、「人をいじめたり、嫌な気持ちにさせて悲しませたつもり?」と批判に対して反論しました。

誹謗中傷を送った人たちにとって自身が繋がりのない人だから良いけれど…と念を押しつつ、「身近な人にもやってたら、困ったとき、いつか悲しい思いをすると思う」「因果応報は必ずある」と訴えています。


■今いじめや嫌がらせで悩んでいる人へ

逆に、いじめや嫌がらせで悩んでいる人へは、「必ず味方はいるよ」と励ましています。GENKINGさんは、「学校のいじめから始まって、今じゃこんなにたくさんの人が支えてくれるまでになりました」「こんな風にも変われるんだと思ったら」とも語っています。

今回投稿した写真も、自分が生物学的に男性であったとき、水着が嫌で毎回プールを休んでいたGENKINGさんが、自分の着たい水着を着れるようになったという喜びの意図で公開したようです。

そのため、「外見や性別も生き方も自分が良いと思っていれば、それが正解だし素晴らしい」と心情を綴っています。

View this post on Instagram

Night pool🌟 . 嫌なら見なきゃいいのに😝 私は一部の嫌なコメントやDMでコメント閉鎖やDM返しをやめる事も考えたけど、ここはみんなと交流できる唯一の場だから大切なのね。 見た目がキモいだのダサいだのは、言われても許せるんだけど、私知らない人が言うオカマって言葉が本当に嫌いなんだよね。 好きでこう産まれたんじゃないってこと。 例えば、病気で苦しんでる人にキモいって言う⁉️ 私はなりたくてなったんじゃないって事。 捉え方や考えはみんな違うし、それが良いんだけど 私は自分の間違えて産まれた性を病気だと思ってて、それを治療して治した感じ。 【この例えや考え方はみんな違うから、嫌な気持ちにさせてたらごめんなさい】 私は病気を手術で治すのと全く同じ感覚‼️ それに、私今1人じゃないから、私がバカにされると彼も悲しむ。 それが一番嫌だ。 悩まなくて良い事を悩ませたりもしてんのに、自分達の事以外で悩みは少なくしたい。 これは、アンチが悲しいから載せてるんじゃなく、 性の事で悩んでる人って、みんなが思ってる以上に沢山居ると思うんだよね。 誰にも言えず結婚した人も居るし、怯えて悩んで自殺する人もいる。 私みたいに生まれ変われるのが当たり前じゃなかったりする。 私はそんな閉鎖的な世界を小さい頃から見てきて、私自身いじめられた経験があるから、産まれ変わった今、肩身狭くなんて生きたくない‼️ たった1回の人生、今ある毎日に感謝してるし、やっと始まった沙奈の人生を大切に生きてるもん😝 小さい頃の私は、こんな水着着れるなんて思ってなかったもん😆 水着が嫌で毎回プール休んでたあの頃の私に、今の私を見せたかった😂 私の今を見て、性に悩んでる人は、こんな風にも変われるんだと思ってもらえたり、私は自分の人生を幸せに感じるために生活してて、自分のためにしてきた事が、結果みんなにも良い影響を与えられてたら嬉しいな☺️ そしてアンチやイジメをする人達へ‼️ 人を虐めたり、嫌な気持ちにさせて悲しませたつもり? 私には優しいファンが沢山居るので、全く大丈夫よ😆 それより、この投稿によってもう1度考えてほしい。 私なんか繋がってない人だから良いけど、身近な人にもやってたら、困った時、いつか悲しい思いをすると思う。 人を笑わせたら笑顔が帰ってくるし、した事が必ず帰ってくるよ‼️ 因果応報は必ずある。 ムカつかせた部分があるならごめんね🙏🥺 あなたの周りに優しい人が支えてくれ、心が満たされますように。 世の中で虐めや嫌がらせで悩んでる人も、必ず味方はいるよ‼️ 私なんて学校のいじめから始まって、今じゃこんなに沢山の人が支えてくれるまでになりました😊 だから抱え込まず、誰かに話してね🥺🤝 心穏やかな人が増えますように✨ 外見や性別も生き方も自分が良いと思ってれば、それが正解だし素晴らしい❤️

A post shared by SANA🔗 (@_genking_) on


筆者もアセクシャルでXジェンダーですが、生物学的な性である「女性らしさ」を強要されたら、非常に苦痛を感じてしまいます。

自分が女性だと思っているのに、上半身裸で、男性の水着を着用させられたら…と想像すると、GENKINGさんが水着を嫌がった気持ちも、男性のままでいることが嫌だった気持ちも想像できるように感じます。

人は想像しがたいものに出会ったとき攻撃に出てしまいがちですが、まずはその人の気持ちを汲むことができたら良いですよね…。

・合わせて読みたい→筧沙奈恵氏、腎臓癌を告白 「フリーランスになってから…」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事