自己犠牲の精神が抜けない! 他人に尽くしすぎる性格は変えられる?

人に尽くすことに精一杯で、ぐったりしてしまうことってないですか?

落ち込む女性
(tuaindeed/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本当は断りたいのに、人に尽くしすぎてしまうことってないですか? 人の期待に応えるために頑張りすぎてしまうと、自分がぐったりしてしまいますよね。

今回は、人のために頑張りすぎる性格をどうしたらいいのか、同じように悩んでいた女性たちに聞いてきました。


①「自分にはできない」の思考回路を変える

「他人に尽くしすぎる人って、自信がない人が多いんだと思います。頼みを断ったら幻滅されて、自分が必要じゃない人間だって思われることが怖いんですよね。私もそうです。


いろいろなことに対して『自分にはどうせできない』って思うと、どんどん自信がなくなって、他人に依存しないと立てなくなってしまうと思います。なので、なるべく『失敗するかもしれないけど、意外とできちゃうかも!?』と思うようにしています。


思考って癖付けされるので、悪い方ばかりに考えていると、いい方向に考えられなくなるんですよね」(20代・女性)


関連記事:「断らない人」になってない? ノーと言う3つのコツ

②ひとりに嫌われても…

「みんなに好かれるように行動していたときは、無理をしても他人の期待に応えよう! と頑張っていました。でも、それってすごく疲れるんですよ。


あるとき、ふと『すべての人に好かれるなんて無理じゃん…』と気がついたんです。頑張りすぎて、糸が切れたのかもしれないですね。


それからは、ひとりに嫌われても、みんなに嫌われるわけじゃないと意識的に思い出すようにしています。自分のことを好きな人がいれば、嫌いな人もいる。当たり前のことなんですよね」(20代・女性)


③「いいよ!」と言う前に一呼吸置く

「お願いされたことに対して、なにも考えずに反射的にOKするのをやめました。咄嗟に断ることができなくて、今までは頼まれたことはなんでもOKしていたんです。仕事を頼まれても、遊びに誘われても、食事する店を決めるときも、いつだってイエスマンでした。


でも、結果的に後悔することも多かったんです。咄嗟に断れない性格はなかなか変わらないので、OKする前に、一呼吸置くようにしてみました。


相手を少し待たせてしまいますけど、『んーっとね』と声を出しながら考えれば、相手もそこまで気にならないと思います」(20代・女性)

いきなり性格変更することは、なかなか難しいですよね。ただ、本当は断りたい自分の気持ちに、少しだけ目を向けてあげてもいいのかもしれないですよ。

・合わせて読みたい→顔を見るのも嫌な相手がいる? 喋るタイプのコミュ障に苦手意識も

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!