将来の選択で迷った時、「ワクワク」を大事にした方がいい3つの理由

迷った時は、頭で考えるよりも、直感を信じた方がいいのかもしれません。経験者たちに体験談を聞きました。

選択する女性
(Valeriy_G/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の将来について考える時、このまま会社員として働き続けることに魅力は感じないけれど、安定した収入を得られることを理由に現状維持を続ける人は少なくありません。

しかし、実際は他にやってみたいことがある場合、今のままで本当に後悔しませんか?

fumumu取材班が、ワクワクすることを大事にした方がいい理由について、経験者の女性たちに詳しい話を聞きました。


①モチベーションアップに繋がる

「嫌なことを目の前にすると、『やりたくない』とか『後回しにしよう』とネガティブな発想になりがちですよね。でも、ワクワクすることをしていると、『やりたいこと』や『やってみたいこと』が自然と浮び、モチベーションがアップします。


海外での生活に憧れていた私は、思い切って脱サラ。今は仕事探しを兼ねて、マレーシアに滞在しています。理想の仕事はそう簡単には見つかりませんが、憧れの地にいること自体が嬉しいし、毎日が楽しくて仕方ありません」(20代・女性)


関連記事:若い頃の苦労は買ってでもしておけば良かった…と思った瞬間3選

②努力することが苦にならない

「好きなことだからこそ、面倒なことも努力していると感じることなく頑張れます。


今、ヨガを勉強するために、インドに留学する準備をしています。授業もテキストも全て英語なので、まずは英語を話せるようにならなければいけないのですが、夢に向かっての勉強は全く苦になりません」(20代・女性)


③後悔が残りにくい

「何もしないでいるよりも、挑戦した分だけ経験を積むことができます。たとえ失敗したとしても、やらないでいるよりずっとマシなはず。だって、過去に戻って人生をやり直すことだけは、どうしたってできないんだから…。


私は、パーソナルスタイリストとして個人でやっていきたいと思い、事務所を辞めました。一人になって初めて、今まで仕事があったのは、事務所の名前があったからなのだと自覚しました。でも、自分の価値を知らないまま、潰しの効かない大人になるよりずっと良かったはず。後悔はしていません」(20代・女性)


人生の岐路は、いつ訪れるか分かりません。どれか一つを選ばなければいけない時には、参考にしたいですね。

・合わせて読みたい→恋愛経験豊富な彼…「彼女と結婚してもいいかな」と思う女子の特徴

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事