高カップリング率に期待! 話題の「釣りコン」3つの魅力

アウトドア系の趣味コンは、カップリング率が高いそうです。釣りコンの魅力を聞きました。

釣りデート
(GeorgeRudy/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

共通の趣味を持った相手と出会える「趣味コン」。一般的な婚活パーティーよりも成功率が高いと人気のようです。

その中でも、今、注目が集まっているのが「釣りコン」なのだそう。

fumumu取材班が、その魅力について、経験者の女性たちに詳しい話を聞きました。


①ゆっくり会話を楽しめる

「ヒットを待っている間、ゆっくり会話を楽しめるのが釣りコンの良さだと思います。椅子に座ったまま、『なかなか釣れませんね…』など、自然な会話ができますよ。


ちなみに、以前、山コンに参加したことがありますが、トレッキング中に会話をするのは無理がありました。歩きながら話すと息切れしてしまって、山頂に着く頃にはヘトヘト。結局、婚活どころじゃなくなってしまいました」(20代・女性)


関連記事:婚活女子から理想の相手を聞いて…「高望みしすぎ…」と引いたエピソード

②コミュニケーションしやすい

「餌の付け方やハリの外し方など、1人では難しいことや分からないことが多い釣り。でも、逆に男性に聞いたり助けてもったりできるチャンスが多く、コミュニケーションしやすいのが釣りコンの魅力だと思います。


私の場合、釣りは好きなのですが、動いている魚を触るのは苦手で…男性に頼りきりでした。でも、おかげでかなり仲良くなることができましたよ」(20代・女性)


③相手の正確を把握しやすい

「魚は、そう簡単に釣れません。だからこそ、待っている時間の過ごし方で相手の正確がよく分かりますよ。


私の中では、たとえ魚が釣れなかったとしても、待っている時間そのものを楽しめるような男性が理想的です。心にゆとりがありそうだし、想定外のことが起こったとしても動じなそうで、結婚相手に良さそうなイメージ。でも、逆に、釣れなくてイライラしていたり、周囲の様子ばかり気にしたりしているような男性とは付き合いたくないですね。釣りコンは人間観察ができ、理想の相手を見つけやすいですよ」(20代・女性)


秋は、釣りにもってこいのシーズンです。婚活中の女性は、釣りコンに参加してみませんか。

・合わせて読みたい→こんなはずじゃ…「山コン失敗談」聞いてみた

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事