友達に言われて、泣くほど嬉しかった言葉ってある?

落ち込んでいるとき、誰かの一言で気持ちが楽になった経験はありませんか?

女友達
(Aja Koska/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

悲しいときや苦しいときに、誰かのひと言で救われることもありますよね。

今回は、友達に言われて心に響いた言葉を、fumumu取材班が聞いてきました。


①「自分のこと嫌いって言うけど…」

「自信がなくて、自分の欠点ばかり目に付いちゃうんです。できないことが多すぎて、人と比べて自己嫌悪して…。自分が本当に嫌いだと思いながら生きていました。


そんなときに、『自分のこと嫌いって言うけど、私は大好きだよ』と言ってくれた友達がいたんです。本人は何気なく言ったことかもしれないけど、私はものすごく嬉しくて、つい友達の前で泣いてしまいました。友達は笑っていましたけどね(笑)


その言葉で自分にすぐ自信が持てたわけではないけど、こんな私でも好きだと言ってくれる人がいるのは、救われた気持ちでした」(20代・女性)


関連記事:「相談しなければよかった…」友達に言われて悲しかったアドバイス

②「誰もあんたのこと傷つけていいわけないんだよ!」

「元カレが、今思うとモラハラだったんです。私を傷つけることを平気で言うし、絶対に謝らないし。付き合っていたときは私が悪いと思っていたので、元カレの機嫌を損ねないようにずっとビクビクして過ごしていました。


そのときって、私は自分はダメなやつだから、傷つけられて当然だと思い込んでいたんです。そんな私に、友達が『誰もあんたのこと傷つけていいわけないんだよ!』と叱ったんです。


友達の真っ直ぐな気持ちが、すごく嬉しかったですね。少しずつ友達に元カレの洗脳を解いてもらって、無事お別れすることができました」(20代・女性)


③「話してくれるだけで嬉しいよ」

「自分のことを話すのが苦手で、あまり気持ちを表に出さないタイプなんです。悩みを人に話しても解決しないって思ってしまうんですよね。でも、自分だけで抱えることでストレスも感じていて…。


そんな私を見透かしたのか、大学の友達が『〇〇が思っていることを、ただ話してくれるだけで嬉しいんだよ』と言ってくれたんです。私が話すことで嬉しいと思ってくれるなんて、そんなこと思ったこともありませんでした。


家に帰ってきて、ひとりで泣いてしまいました。誰かに話していいよって言われるのって、あんなに気持ちが楽になるんですね」(20代・女性)

たった一言が、心を楽にしてくれることもあります。その言葉を忘れずに、つらい経験も乗り越えていきたいですね。

・合わせて読みたい→男友達でいたいのに…告白をうまく断る方法

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!