焦っていると見失いがち…結婚が目的になっている女子の特徴

結婚したい思いが強すぎると、いつの間にか目的がすり替わってしまうこともあります。結婚が目的になっている女性の特徴を聞いてみました。

焦る女性
(master1305/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚したいと思っている女性は、年齢を重ねていくと焦りがちですよね。特に、しっかり将来設計をしている人は、それが崩れてしまうのを嫌がることが多いのではないでしょうか。

しかし、焦りすぎて結婚が目的になってしまうと、辛い結婚生活を送ってしまうことも…。一度、冷静さを取り戻した方が良い場合もあるでしょう。

そこで、fumumu取材班は、結婚が目的になってしまっている女性の特徴を聞いてみました。


①養ってもらう目的が前面に

「僕の職場の後輩の独女が口をそろえて言うのが、『寿退社したいです!』。養ってもらう目的が全面的に出ているんです。


それは今の時代、男性には簡単に見抜かれちゃいます。家庭的で欲が出ていない、普通系女子はモテますよ。料理教室が潤っているのは、そんな婚活市場で需要があるから。早く結婚したいのはわかるけど、自分磨きをより一層高い水準となるように努力してみるのがやっぱり一番おすすめですよ」(30代・男性)


関連記事:婚活女子から理想の相手を聞いて…「高望みしすぎ…」と引いたエピソード

②繋ぎ止めるために結婚を考える

「恋のドキドキやサプライズ感が楽しくて人とお付き合いする方は、そんな彼との結婚生活をすぐに思い浮かべがちです。そういう女性は結婚はもう少し考えたほうがいいかもしれません。なぜなら、結婚するとそういったことはほとんどなくなるからです。


結婚すると彼は家族になります。そこにはドキドキは薄れていくのは当たり前です。そのため、ドキドキな恋をすることを楽しみたい人は、まだ結婚しない方がいいんじゃないかなと思います」(20代・女性)


③年収を1番重視する

「年齢が30代後半になってくると、コンパや友達からの紹介も激減して出会いの場自体がなくなっていきます。会社内での出会いのチャンスは若い女子社員のテリトリーで場違いな感じ。変わって結婚サイトのアプリが出会いの場になります。


自分の条件をあらかじめ決めその条件に合う男性と出会えるのがいいところ。やはり、結婚が目的になってしまうと、年収を1番に重視して、趣味嗜好が合うのかはあまり重要ではないようです。それがわかる女性は敬遠されてしまいます」(30代・女性)


自分のことかな? と思ったら、一旦本当に彼と結婚したいのか、とにかく結婚したいだけなのか見つめ直してみてはいかがでしょうか。

・合わせて読みたい→結婚したいけど…女子がマッチングアプリを敬遠する理由が偏見すぎる

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事