彼氏になぜ依存してしまうんだろう? 女子の心理状態を分析

彼氏に依存しすぎてしまい、それが原因で別れにつながることもあります。依存してしまう原因を聞いてみました。

抱きつく彼女
(POMPIXs/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏ができると、浮かれてしまう人が多いですよね。彼との些細なことに一喜一憂したり、好きすぎて普段ならありえない行動をしてしまうことも多いでしょう。

場合によっては、彼に依存しすぎてしまうこともありますよね。しかし、片方だけが依存している状態だと、相手がしんどくなってしまうことが多いため、注意が必要です。

そこで、fumumu取材班は、彼氏に依存してしまう理由を経験者に聞いてみました。


①生活の軸が恋愛だけになっている

「交際3年目の子がいるんですが、最初の1年間くらいの彼女はかなりの恋愛依存体質でした。その頃は連絡をマメにしていないとすぐに泣き出してしまい『俺も忙しいけど、一緒に解決していこう』と言葉を添え、彼女が恋愛以外の趣味を見つけられるように模索しました。


いつもと違うデートスポットを探し、関連する趣味を見つけて、結果彼女は極度に依存することがなくなります。あと、彼女は一人っ子だったため、余計に寂しくなるんだなという背景も知ることができました。寂しくなる要因を一緒に分析し、生活が恋愛のみに向かないように共に考えてあげるのも大切ですね」(20代・男性)


関連記事:不倫してしまったら…経験者女子が語る「覚悟するべき」3つのこと

②彼氏ありきの自分にしか価値を感じられない

「依存してしまう人は自己肯定感が低く、自分で自分のことを認めることができない人が多いです。恋愛で彼氏に依存してしまう女子は、彼氏がいる自分には価値を感じますが、彼氏がいなくなった自分、彼氏にふられた自分には価値がないのだ、という思考に行きつきます。


なので、価値のない自分にならないよう、付き合っている最中も、より一層彼氏に依存度が高まります。彼に嫌われないように尽くし、彼が認めてくれることに何よりも価値を感じるのです。良いループにはまっているときは、自己肯定感が高まり、自信が持てるようになりますが、一度悪いループにはまるとなかなか抜け出せずに、苦しい思いを抱えることとなります」(30代・女性)


③彼以外に夢中になれるものがない

「恋愛以外に夢中になれるものがないのでしょう。彼に夢中になれるほど好きになるのは、素敵なことです。しかし、夢中になれることが『彼』しかいないのは少し寂しい気がします。そして、そんな状態は暇で仕方ないと思います。人は暇だと悪いことを考えがちです。


つまり、束縛女になりやすくなってしまうのです。依存から抜け出すには、ほかに夢中になれるものを探しましょう。彼に関することでもいいです。メイク研究、ショッピング、料理…彼が喜ぶかもしれないことを夢中になってやれれば、彼も喜んでくれるかもしれませんよ」(20代・女性)


彼に関することでも良いので、彼以外のところで楽しめる場所を見つけると良さそうですね。

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!