彼とのデート…注文する食べ物を間違えて大失敗した経験

デートでは、食べる料理まで気を使いますよね。失敗経験を聞いてみました。

パスタを食べる女性
(igor_kell/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛において、料理にまつわる失敗は起こりがち。付き合いが長ければ笑い話で済みますが、これが初デートだと気まずいことになりがちですよね。

そこで、fumumu取材班は、注文する食べ物で失敗した経験を女性たちに聞いてみました。


①パスタではじめてのメニューで赤っ恥

「楽しいディナータイムは、恋人と楽しむのがやっぱり一番美味しいって感じますよね。でも、半年記念日で彼が…『いつもと違うレストランを予約したよ』と言われ、心待ちにしていた私。高級フレンチでテンションは最高潮に。


メインのお肉とパスタが選べるお店で、『これまで食べたことない一品を頼んじゃおう!』と、選んだのがイカスミ…。食べた後、歯が黒に近い灰色になっちゃって彼は苦笑い。それ以降は、失敗しやすいグルメは思い切って彼に聞くようにしてます」(20代・女性)


関連記事:恋の駆け引きで大失敗? 「やらなきゃよかった…」と後悔した恋愛テク

②酔った勢いで普段食べれないものを…

「酔った状態で、普段食べなれないものを食べた結果、気分が悪くなってしまったことがあります。クリスマスデートで、彼がホテルのコースランチを頼んでくれていたんです。すごく嬉しくて、ついついシャンパンを追加注文してしまい、すっかりほろ酔い状態に…。


普段食べないような濃厚な食事と酔いが相まって、その後のドライブで気持ち悪くなってしまいました。結局、彼に胃薬を買ってきてもらうハメに。お酒を控えておけば、少し違っていたかもと後悔しました」(20代・女性)


③薬味の匂いにまで配慮が行き渡らなかった

「六甲山の夜景に連れて行ってもらったときのことです。初めて彼の家に行く予定で準備もしていました。おすすめのお洒落な古民家風のうどん屋さんに連れて行ってもらいました。うどんだし、服を汚す心配もないなと思っていたのですが、うっかりネギ多めのものを頼んでしまいました。


もともと薬味が大好きなのでこの日もいつも通りたくさん食べてしまい、食べ終わってから臭いに気が付きました。ガムやニオイ消しを慌ててコンビニで買うはめに合いました」(20代・女性)


最初は特に、無難で匂いの強くないものを選ぶと良さそうです。わからないときや食べれるか不安なときは、事前に彼に伝えておくと印象がいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→次のお誘いが来ない…は防げる! 初デートで失敗しない3つのポイント

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!