彼がなかなか別れてくれない! 諦めてもらえる別れ話の仕方

カップルの別れ
(AndreyPopov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

付き合っている彼と別れを考えていても、彼の方に気持ちがある場合に、なかなか別れを承諾してくれないこともあります。自分には全くその気持ちがないわけですから、そこで流されてしまってはいけませんよね。

fumumu取材班は、彼に諦めて別れてもらう方法を聞いてみました。


①あえて醜態を晒した

「しつこい男性って後腐れも面倒で嫌になっちゃいますよね。『好きな人ができたから別れて』というのは、火に油を注いで相手を逆上させかねないからあまりおすすめはできないかな。


私は『相手に嫌われる』よう仕向けました。男性って、女に対して清潔なイメージを持っていることが多いので、あえて干物女を演じたり、だらしなさすぎる演出をしたり、敢えてドン引きされる風に仕向けるのがいいかもしれません。私は、大あくびしたり髪をボリボリかいたり、おならやゲップをしたり…。恥ずかしい醜態を晒してたら離れてくれた人がいます…」(20代・女性)


関連記事:自分が言い出したのに…別れ話で彼女の幸せを願う男子の心理

②必要ない事実をつきつける

「彼を傷つけまいと、迷いのある言い方では、まだ彼に望みを与えてしまいます。きちんとすべてを話さないと彼は納得してくれないでしょう。気持ちが冷めたこと、他に好きな人ができたこと、彼といると自分が苦しいとはっきりと伝えるのです。彼からもらったプレゼントも返そうとしてみます。


彼は受け取らないというかもしれませんが、たとえそう言っても、彼女がもう自分を必要としていないという事実を突きつけることはできるはずです。目の前で、連絡先も消去しましょう。もうサヨナラの準備はできていると知らせるんです」(30代・女性)


③何度も別れ話をする

「数日間かけて、同じように別れ話をすればあきらめてくれる可能性があります。彼はその日の気分で、こちらが別れを切り出しているのではないかと思っているかもしれません。


そうじゃなくて、もう気持ちは変わらないというのを回数を重ねることで伝えましょう。それでも別れてくれないようなら、もう自然消滅にもっていってよいと思います」(30代・女性)


男性に比べて、女性はなんとなくで別れを言い出すことが多いと言われています。男性も、それを経験的に知っているから引きとめてしまうのかもしれません。

はっきりその意思を伝えた上で、それでもダメなら嫌われるように振舞ったり、フェードアウトしてくようにした方が良さそうですね。

・合わせて読みたい→自分から別れ話を言い出したから…元カレの幸せを願う理由とは

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事