上目遣いもシチュエーションなどが大事! 男子がドン引きするのは?

シチュエーションによっては、上目遣いが逆効果になることも…。話を聞いてみました。

落ち込む男性
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

上目遣いはモテテクの鉄板ですが、有名すぎるあまり、シチュエーションによっては男性にドン引きされてしまうこともあるそうです。

そこで、fumumu取材班は、男性たちに引いてしまう上目遣いを聞いてみました。


①計算高い作られた魔性は逆効果

確かに上目遣いで見られると弱い男性は多いようですが…その戦略は男性の間でも

「飲みの席で、お酒の勢いに任せて上目遣いを何度もしてくる。わざと上目遣いで見つめる…って、本当に素敵なモテる女性ってもうあんまりやっていないテクだと思うんですよね…。逆に恋愛経験少ないだろうから、それがいいという男子もいるだろうけど…。


計算するなら、ここぞという場面をしっかり見極めてやってほしいかな。あと、自然に出る上目遣いなら、守ってあげたくなるので、不自然でなければ歓迎という男子は多いですよ」(20代・男性)


関連記事:あざといけど…結局「男子が虜になってしまう女子」5つのポイント

②誰彼構わず上目遣いはダメ

男子からの胸キュンポイントとしてあげられる上目遣いだけど、それはあくまでも「自分に対して」であることが大前提のようです…。

「もしわざとらしくても、自分にだけ伝えるものなら男にとっても特別な存在となります。


逆に大勢の人がいる場所でやられたり、誰彼構わずしている子も見るとドン引き…。ただのぶりっ子のイタイ子っていう感じになっちゃいますね。シチュエーションを考え、本命の彼にはキュンとしてもらえるように上目遣いを使いましょう」(20代・男性)


③決まった角度での上目遣いは狙いすぎ

普段、異性と話す時や写真撮影など、いつも同じキメ顔の上目遣いは引いてる男性多数のようです…

「写真でいつもおんなじ角度で写真を撮っている女子たちにドン引きしてしまったりするのですが、決まった角度の上目遣いもダメですね。


やっぱり男性は自然な表情を求めているので。話すたび、写真を撮るたびにすかさずモテの上目遣いを入れてくるって…怖いです」(20代・男性)


上目遣いを可愛いと思っているのも事実。ここぞというときに、気になる彼にだけ使うのが効果的そうです。

・合わせて読みたい→脈アリだったのに…男子が彼女候補から外した「女子の行動」

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!