弄ばれてるのかも…「本命じゃないと気づいた瞬間」聞いてみた

きっぱりとフラれるよりも、本命じゃないと気づく方が辛いですよね。女性たちに体験談を聞きました。

スマホを落とす女性
(Nattakorn Maneerat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

脈アリな雰囲気なのに、今ひとつ関係が進展しない…と、恋愛中にモヤモヤしてしまう時、ありますよね。

男性側が奥手という可能性もありますが、そもそも、弄ばれているだけなのかも?

fumumu取材班が、本命じゃないと気づいた瞬間について、経験者の女性たちに詳しい話を聞きました。


①会いたい時にしか連絡してこない

「『今週末空いてる?』とか『仕事が終わったら飲みに行かない?』と、頻繁に食事に誘ってくれるKくん。スキンシップも多く、告白されるのも時間のうち…と思っていました。


でも、なかなか進展がないので私から食事に誘ったところ、『仕事が忙しいからまた今度』と、連続で3回も断られました。Kくんが会いたい時にしか私は会えない…Kくんにとっての私は、ただの都合のいい女だったみたいです」(20代・女性)


関連記事:クラブのママに聞いた! 脈ナシ男子の仕分け方

②エッチはしても告白してこない

「Hくんと二人で飲んだ帰り道。終電を逃してしまったのがきっかけになり、そのままホテルに行ってエッチしました。キスも優しかったし、とてもいい雰囲気だったので、私の方はそのまま付き合うつもりで解散したのですが…。


その後、『また二人で飲みに行こうね』とLINEはあったものの、全然告白してくる気配がありません。きっと、お酒の勢いもあってノリでエッチしただけなんでしょう。セフレにされる前に、私の方から縁を切るつもりです」(20代・女性)


③好意を伝えてもスルーされる

「デートの後、駅まで送ってくれたIくん。電車に乗る直前にほっぺにキスをされ、舞い上がった私は『大好きだよ』と、すぐにLINEしました。


ところが、Iくんは既読スルー。返信がないまま3日経って、やっと、脈ナシなんだと気づきました」(20代・女性)


女性のことを本当に愛している男性なら、このような行動をするはずがありません。

いつかは本命になれるかも…と淡い期待をするよりも、他に、本気で愛してくれる男性を探した方がいいかもしれません。

・合わせて読みたい→年上男子と付き合う…不幸にならないためにチェックしたいこと3つ

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!