彼への嫉妬心をどうすればいい? 上手な付き合い方3選

つい生まれてくる彼への嫉妬心。どうコントロールすればいいのでしょうか?

怒る女性
(Deagreez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

我慢したいと思っていても、ついしてしまう彼への嫉妬。

「飲み会って誰がいるのかな」「あの子と仲良さそうだなぁ」そんなことを思って、モヤモヤしたことってないですか?

今回は、嫉妬心をどうやってコントロールしているのか、女性たちに聞いてきました。


①嫉妬する気持ちを認める

「気持ちを押さえ込んでも嫉妬しなくなるわけじゃないから、まずは嫉妬心を認めたほうがいいと思います。『嫉妬すると重いと思われちゃう』と気持ちを我慢していたときは、態度に出て彼を困らせてしまったり、察してくれない彼にイライラしたりしていたから。


その上で、どうしても嫉妬が止まらなくなることがあれば、怒るんじゃなくて不安な気持ちを彼に伝えるようにしています。彼が飲み会に行くときは、『不安になっちゃうから終わったら連絡してね』って言ったり。我慢してモヤモヤするより、多少表に出したほうがうまくいくこともありますよね」(20代・女性)


関連記事:友達だからこそ嫉妬する? 女友達が「うらましいなぁ」と思う瞬間

②彼以外の楽しみを作る

「恋愛至上主義だったときは、彼を中心にスケジュールを組んでいたんです。彼の誘いはいつでもOKできるように、週末はなるべく空けておいたり。


でも、だんだん『こんなに合わせてるのに、どうして優先してくれないの?』って思うようになって…。彼と一緒にいないと、彼が浮気しているんじゃないかって不安も出てきてしまったんです。自分の趣味が充実していたときより、ずっと嫉妬するようになったんですよね。


結局別れてしまったけど、次の恋愛をするときは、彼以外の楽しみも作るようにしたいです。自分の生活を忘れたら、恋愛ってうまくいかないと思うから」(20代・女性)


③彼の交友関係を把握しない

「彼の女友達のことを知ったら絶対に嫉妬すると分かっているから、なにも聞かないようにしています。飲み会に行くと言っていても、メンバーは聞きません。


私の性格上、知らないより知ってしまったほうが嫉妬するので、彼の交友関係とは一線を引いているんです。彼の友達と一緒に飲んだりとかもしないですね。元カノの話題を出されたら絶対にイライラしてしまうから。


彼と一緒にいるときが楽しければそれでいいので、彼の周りの人とまで関わろうとは思わないです」(20代・女性)

嫉妬してしまうのは、彼のことを好きだからこそ。嫉妬心を認めた上で、上手にコントロールできるようになれたらいいですね。

・合わせて読みたい→嫉妬深い彼に安心してもらうために…女子が密かに実施していること

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!