セフレっていけないこと? 「女子にとってのメリット&デメリット」聞いてみた

セフレとしての付き合い方も、考え方次第では「アリ」なのかもしれません。

ベッドの上
(Yumi mini/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「付き合う前にエッチをすると本命にはなれない」と、ネガティブに考える女性は少なくありません。

しかし、そもそも、セフレってそんなにいけないことなのでしょうか?

fumumu取材班が、女性がセフレを作るメリットとデメリットについて、詳しい話を聞きました。


■メリット

関連記事:あえてセフレのポジションをキープする女子! 意外なメリットって?

①好きな人と一緒にいられる

「たとえ体で繋がっている関係だったとしても、好きな人と一緒にいられるのなら、セフレでも構いません」(20代・女性)


②気楽な付き合いが楽しめる

「ゆくゆくは結婚したいと思っていますが、今すぐに…とは全く思っていません。暫くの間、彼氏を作るつもりはないので、気楽な付き合いが楽しめるセフレが私には合っています」(20代・女性)


③手軽に欲求が満たされる

「面倒な駆け引きをすることなく、会って飲んでホテルに行く…私のセフレは、手軽に欲求を満たしてくれます。普通のデートも楽しめるけれど、プライベートまでは立ち入らない関係が、ちょうどいいです」(20代・女性)


■デメリット

①本気で好きになってしまうと辛い

「割り切った関係と分かって付き合い始めましたが、体を重ねるうちに、相手のことを本気で好きになってしまいました。いつか彼女になれたら…と思ってはいますが、『関係が終わってしまうかも』と考えると怖くて、思いを打ち明けられずにいます。


会う度に、虚しさと切なさを感じて辛いです」(20代・女性)


②本命がいると心が傷つく

「いくら割り切って付き合っていたとしても、『実は本命がいた』とか『自分はセカンドだった』と分かった時は、辛かったです。セフレとは言え、自分が一番になれない関係は、心が傷つきます」(20代・女性)


割り切ったままの関係でいられるのならセフレは好都合ですが、そうでない場合は、辛く苦しい思いをしてしまうこともあるようです。

セフレになる前には、自分にとってメリットとデメリットのどちらの方が多いのか、よく考えた方がいいかもしれません。

・合わせて読みたい→弄ばれてるのかも…「本命じゃないと気づいた瞬間」聞いてみた

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!