優しい彼氏って素敵だけど…付き合って感じる思わぬデメリット

優しすぎる彼にも、意外にデメリットは多いようです。話を聞いてみました。

悩む女性
(tuaindeed/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性の気持ちを汲み取って、欲しい言葉をくれたり、尽くしてくれる男性は素敵ですよね。優しい男性は付き合っていて安心感があるものですが、思わぬデメリットもあるそうです。

fumumu取材班は、優しすぎる男性と付き合ったことがある女性たちにデメリットを聞いてみました。


①自分をダメにしてしまう

「ときには厳しい言葉も大切だと思います。優しい彼氏は、甘やかしてしまうことが多いので、聞いていて心地が良いんですよね。しかし、誘惑されるままに甘やかされる方に流れてしまうので、結果的には、自分のためにならなかったりします。


『今はいっか』なんて後回しにしてしまえば、後で困るのは自分。彼は悪魔の囁きをしてくる人でしかありません。優しさはときには毒になると痛感しましたね。厳しいことも言える人でないとダメです」(20代・女性)


関連記事:「初彼氏を作ろう!」 恋人を作る前に気をつけたいこと

②ただ人に嫌われたくないだけ

「優しい人というのは、結局、嫌われるようなことを言えないだけの人が多いような気がします。誰にでもニコニコしているのをみて、自分考えがないように感じてしまいました。2人でいる時は『あの人、大嫌いでさ~』なんて悪口を言っているのにその人の前ではニコニコ…。


仕事相手なら多少は必要でしょうけれど、苦手なのに必要以上にいい顔しているなんて、いい人を通り越して、臆病者。あまりにカッコ悪く感じて、付き合っているのが恥ずかしくなってしまいました」(20代・女性)


③嫉妬しやすくなる

「みんなに対して優しく、分け隔てのない姿に心底惚れました。しかし、いざ恋愛を始めると、いつも女性たちに優しくしている彼をみて嫉妬する毎日。『女の子が誤解しちゃうんじゃないか』『略奪女子に奪えそうだと思われないか』なんて、いつも心配ばかりしていました。


どんどん辛い気持ちになっていきましたね。でも、好きだからこそ別れ話なんてできないし、彼にそれとなくお願いしても、なにが悪いかわかっていないからほとんど態度が変わらないし、がんじがらめになってしまいました」(20代・女性)


優しすぎるゆえの残酷さなんて言いますが、付き合うとまさしくそういう一面を感じさせることが多そうですね…。

・合わせて読みたい→恋愛関係になりやすいけど…「仕事関係者と付き合うデメリット」3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事