モテ期で人生最高にハッピーになるはずが…恋愛で失敗した経験

モテ期もうまく活用できないと悲しい思い出になってしまうことがあります。失敗談を聞いてみました。

浮かれる女性
(Deagreez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人生に「モテ期は3度訪れる」というのは、よく聞きますよね。まだ経験したことがないと思う人にとってが「早くこーい!」と思うほど、人生のビックイベントですよね。

しかし、モテ期でモテモテになったからと言って、必ずしも恋愛で成功するとは限らないそうです。失敗してしまった女性に話を聞いてみました。


①本命には「隙がない」と思われた

「10代後半の頃、本当にモテました。普段も、そこまでモテないわけではないのですが、なぜか突然、いろんな男性から食事に誘われたり、アプローチをされるように…。目に見えてモテるので、友達にも『最近モテてますねえ』なんて、茶化されてしまうほど。


だから、今なら、気になっている彼も私を好きになってくれるだろうと思って、ちょっとアプローチをしたりもしたのに、見向きもされず断念。


しかし、後から知った話だと、あまりにモテるから自分は無理だろうと、本命の彼はアプローチ前から諦めてしまったのだとか。私がしていたアプローチも、『もしかして、と期待するだけ無駄』と決めつけられてしまったらしく、全く届いていなかったそうです。本命と付き合えないなら、モテない方が良かった…」(20代・女性)


関連記事:彼氏がいるのに「さみしい…」と感じてしまう理由

②モテて調子に乗りすぎた

「男性に言い寄られることに慣れていない人って、あまりにモテ過ぎると浮かれて調子に乗ってしまうものですよね。私のモテ期は、周りの男性がかなり尽くしてくれるタイプが多かったので、かなり浮かれきっていました。


いろんな男性からプレゼントをもらったし、ショッピングも、『荷物持ちでいいから一緒に行きたい』と言うから、本当に荷物持ちだけさせたり…。そうこうしているうちに、『あいつは性格が悪過ぎる』と影で言われるようになり始めたらしく、あっという間に男性が離れて行きました。


私のことを冷静に見ていた男友達から『そんなに男に貢がせまくって楽しいのか』『人の気持ちを弄んで楽しいのか』と怒ってくれた人がいて、当時は青ざめましたが、目が覚めましたね」(30代・女性)


③チヤホヤされるのが楽しくて素敵な人を逃した

「モテ過ぎるから、告白されても付き合って周りからチヤホヤされなくなるのは惜しいと思ってしまうんですよね。だから、告白をお断りしたり、気になるタイプには保留にしてもらったりしていました。


そんなうちに、あっという間にモテ期は終了。告白してくれた超素敵な男子は、すでに他の女性から熱烈なアピールをされたらしく、交際相手がいました。すごく惜しいことをしたし、目先の楽しさだけに目がいってしまって、本当に馬鹿なことをしたな…と反省しています」(20代・女性)


モテ期も、うまく活用できないとかえって悪い方向に行ってしまうことがありそうですね。気をつけたいところです…。

・合わせて読みたい→モテ期は誰にもやってくる! 「モテ」を呼び寄せるテクニックとは?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!