永野芽郁、久しぶりのドラム動画にファン歓喜 「これこそギャップ萌え」

女優の永野芽郁さんが、ドラムを演奏する動画を公開。ファンからは久しぶりのドラマー姿に歓喜の声で溢れています。

■ストレス発散にドラム

2018年4月から半年間放送され、永野さんが主演を務めたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。この最中に発売された永野さんのフォトブック『永野芽郁 in 半分、青い。』の発売イベントの際には、「最近ドラムにハマっている」と話し、ストレス発散のため、週1回はドラムを叩いていることを明かしました。

2017年には、ツイッターで「突然にドラムしたくなり、してきました」と動画をアップしていることも。


関連記事:永野芽郁が「あの人」とデート!? 「羨ましい」と嫉妬の声続々

■ドラマー芽郁に「なにごと!?」

今回の久しぶりの“ドラム動画”には、ファンは「かわいい」「ギャップ萌え」との反響が相次いでいます。

「気づかずにドラムを叩く真顔も、動画に気づいたときの笑顔も…かわいい」


「これぞギャップ萌え。普段かわいいのにかっこいい一面もあるってなにごと!?」


「久しぶりにドラマー芽郁ちゃんが見れて嬉しい! かっこいいし、かわいいし…」


永野さん本人が気付かずにドラムに夢中になっている姿に萌えている人が続出のようです。

・合わせて読みたい→永野芽郁、成人の日に想い綴る 「だって新成人だもん」「思い込みも大事」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事