彼に「聞かない」「言わない」のは逆効果? 我慢しすぎた女性たちの末路

自分だけが我慢すれば、うまくいくと思っていませんか?その我慢の結果、悪い方向に進んでしまうこともあるようです。

考える女性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「こんなこと言ったら引かれるかな」「聞きたいのに、重いと思われそうで聞けない」…そう悩んでいる方も、きっといるのではないでしょうか。

どうやら、自分の気持ちを隠すことが、結果的にハッピーエンドに繋がるとは限らないようですよ。

我慢したことで破局してしまった女性たちに、fumumu取材班が話を聞きました。


①不安な気持ちが爆発して喧嘩別れに

「私はとても嫉妬するタイプなんですけど、今までの恋愛で『重い』と言われることが多かったので、なるべく彼には言わないようにしていました。『飲み会に行く』と言われても、追求したい気持ちをぐっと抑えて、なにも聞かずに…。


でも、結局我慢なんて続かないんですよね。あるときに一気に爆発して、『あのときもこうだった』『昔はああ言ってくれてたのに』って、今までの不満がボロボロ出てきてしまったんです。収集が付かなくなって、最後は喧嘩別れになってしまいました。


気持ちを伝えないことであんな結果になるなら、小出しにでも伝えていけばよかったなと思います」(20代・女性)


関連記事:一度も喧嘩なくても…仲良しカップルに潜む3つの「別れるリスク」

②自分にどんどん自信が持てなくなった

「気持ちを相手に伝えないことで、頭の中で悪いことばかり考えてしまうようになったんです。『こんなこと言ったら嫌われるかも』とか、『どうせ受け止めてもらえないかも』とか。どんどん悪循環になって、『どうせ私なんて』って考えるようになってしまって…。


その考えの癖って、なかなか戻らないんですよね。態度にも卑屈なところが出てしまって、彼との喧嘩も増えていきました。


結果的には他のことでお別れになったけど、少しでも素直になっていれば、なにか変わったのかもしれないですよね」(20代・女性)


③彼のことを信じられなくなった

「元カレと付き合っていたときは、自分の気持ちを全然伝えることができませんでした。言わないほうがいいかなと思うと、我慢しちゃうんです。


彼はなんにも悪いことはしていないのに、自分の気持ちを抑えていることでイライラしてくるんですよね。『私はこんなに我慢してるのに!』って。今思えば、言いたいことを彼に言えばよかったなと思います。『どうして分かってくれないの』って、彼に対しても不信感が出てきてしまったから。


彼を信じることができなくなったのは、彼のせいじゃなくて、私がなにも言わなかったからだよなぁと思います」(20代・女性)

相手にどう思われるか分からず、不安な気持ちに押しつぶされそうになることもありますよね。それでも、言わなければ相手には伝わりません。

少しずつ、できる範囲で、気持ちを口に出せるようになったらいいですね。

・合わせて読みたい→会えなくても大好き…遠距離恋愛を長続きさせるコツ3つ

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!