ぺえ、銭湯“男湯”で不満気な表情 「なんたって私は男だから…」

タレントのぺえさんが銭湯に行った際の写真を投稿。この時の表情と綴られた文章に、様々な意見が寄せられています。

ぺえ
(画像はぺえInstagramのスクリーンショット)

タレントのぺえさんは、銭湯の風呂上がりに「男湯」のれんの前で撮影した1枚を投稿。この時の表情と綴られた文章が話題になっています。


■ぺえの表情よ…

8日、自身のインスタで「銭湯でのあたし」のコメントとともに投稿されたのは、不機嫌そうな顔のような、美川憲一さんのモノマネをしている人のような、なんとも言えない表情のぺえさん。でも、やっぱりネイルはかわいい。

View this post on Instagram

銭湯でのあたし♨️♨️ #それでも私は生きてゆく #誰の為でもなく自分の為に #好きに自由にたまにはワガママに #でも銭湯だけは自由にいかない #なんたって私は男だから #でも女なの#あぁ大変#銭湯問題 #銭湯へ対する葛藤#私はテルマエロマエ #銭湯大好きだから結構普通に行く #私みたいなのが男湯に入ってきたら驚くかな #みんな不快に思うかなとか色々考えたこともあった #でも大浴場が好き#入りたい #色々と考えぬいた結果メイクは落としてすっぴんで入れば大丈夫 #すっぴんでいればちょっと派手な親父 #そしていつも以上に男の表情をする #口元だけは不満気なオネエ感が出てしまう #銭湯でのあたしの姿 #男湯に入れるなんてパラダイスじゃんとか言われる #よくそんなデリカシーの無いこと言えるな #めっちゃ仲良い友達に言われるのはまだ分かる #初対面で聞いてくる奴は終わり #私だって誰でもいい訳じゃない #しかもメイクしたり可愛くしてる時じゃないと私そういうスイッチ入らないの #オネエは男なら誰でもイケると思うな #まぁ私はストライクゾーンは広めだけど #小5から揺るがない理想はスポーツ選手

A post shared by ぺえ (@peey) on

お馴染みの大量のハッシュタグには、「銭湯」に対しての葛藤をしたためています。


関連記事:北川景子主演『家売るオンナの逆襲』LGBTの解説に大きな反響

■「なんたって私は男だから」

「誰の為でもなく自分の為に、好きに自由に、たまにワガママに」生きることをモットーとしているぺえさんですが、「銭湯だけは自由にいかない」「なんたって私は男だから」と綴ります。

銭湯が大好きでよく訪れるそうですが、かつては「私みたいのが男湯に入ってきたら驚くかな」「不快に思うかな」と悩んでいたことを明かします。考えぬいた結果…すっぴんで入り、いつも以上に男の表情をして“ちょっと派手な親父”を演出。

しかしながら「口元だけは不満げなオネエ感がでてしまう」とか。投稿された写真の真相がわかりました。

次ページ ■議論広がる「銭湯問題」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!