ぺえ、銭湯“男湯”で不満気な表情 「なんたって私は男だから…」

タレントのぺえさんが銭湯に行った際の写真を投稿。この時の表情と綴られた文章に、様々な意見が寄せられています。

ぺえ
(画像はぺえInstagramのスクリーンショット)

タレントのぺえさんは、銭湯の風呂上がりに「男湯」のれんの前で撮影した1枚を投稿。この時の表情と綴られた文章が話題になっています。


■ぺえの表情よ…

8日、自身のインスタで「銭湯でのあたし」のコメントとともに投稿されたのは、不機嫌そうな顔のような、美川憲一さんのモノマネをしている人のような、なんとも言えない表情のぺえさん。でも、やっぱりネイルはかわいい。

お馴染みの大量のハッシュタグには、「銭湯」に対しての葛藤をしたためています。


関連記事:ぺえ、LGBTの講演で想いを明かす 「男とか女とかどうでもよく…」

■「なんたって私は男だから」

「誰の為でもなく自分の為に、好きに自由に、たまにワガママに」生きることをモットーとしているぺえさんですが、「銭湯だけは自由にいかない」「なんたって私は男だから」と綴ります。

銭湯が大好きでよく訪れるそうですが、かつては「私みたいのが男湯に入ってきたら驚くかな」「不快に思うかな」と悩んでいたことを明かします。考えぬいた結果…すっぴんで入り、いつも以上に男の表情をして“ちょっと派手な親父”を演出。

しかしながら「口元だけは不満げなオネエ感がでてしまう」とか。投稿された写真の真相がわかりました。

続きを読む ■議論広がる「銭湯問題」

50%ポイント還元【Kindle本】冬のキャンペーン 16日まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事