彼と付き合いたいけれど…メンヘラ女子に対する男子の本音は?

メンヘラ女性に対する男性の本音は、好き嫌いが分かれそうです。意見を聞いてみました。

カップル
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気分の浮き沈みが激しい人のことをメンヘラと言いますが、メンヘラ女性に対して男性はどう思っているのでしょうか。

「メンヘラかも?」と自分自身で疑いのある女性は、気になるところですよね。そこで、fumumu取材班は話を聞いてみました。


①友達ならいいけど彼女は…

「好きになる前から『メンヘラ』と彼の中で認識してしまっているようなら、お付き合いの可能性は低いと思います。一人の女子としてみる前に、メンヘラというフィルターがかかった状態で相手のことを見ているので、相手の本質を見ることがなかなかできません。


面倒くさい女の子、関わると厄介そうな女の子、と思われる可能性が高いでしょう。友達でいる分にはいいのですが、恋人として付き合うにはリスクや抱えるものが大きいので、敬遠されがちです」(20代・男性)


関連記事:男子が「これ以上交際は続けたくない…」とためらった女子の3つの特徴

②面倒臭い

「彼に迷惑がかかるほどの言動をしてしまうなら、諦めた方がいいでしょう。メンヘラは気の持ちようでなんとでも治せます。経験的にも、男子からすればメンヘラは面倒くさいイメージでしかないと思うので、そういったイメージをなくすには自分が変わるしかありません。


逆にメンヘラでも受け入れてくれる彼であれば、彼と付き合っているうちに自然とメンヘラが治ってしまうかもしれませんね。なんでもプラスに変えていければそんな悩みもなくなります」(20代・女性)


③自分がいないとダメだと言うのが励みになる

「適応障害を拗らせてメンヘラっぽくなってしまっていた時期に、当時付き合っていた彼に『面倒くさい』と言われたことがあります。多少の自由を愛するタイプの男性であれば、本音では「面倒くさい」と思うこともあるでしょう。ただ、病気などそれなりの理由があるなら、仕方ないと受け入れてくれる人が大半です。


また、メンヘラ女子が好きな、構いたがりの男子も稀にいます。『自分がいないとダメという存在がいることが励みになる』そうです。お相手にそういうタイプを探すとお互いに幸せかもしれません」(20代・女性)


メンヘラ好きの男性もいるようですが、好きになった男性がそうではない場合には、メンヘラを治していくように心がけていかないと、なかなか難しいかもしれませんね…。

・合わせて読みたい→好きになった人はメンヘラ男子…振り回されない付き合い方は?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!