褒めたつもりだったのに…彼は「複雑だな…」と感じたエピソード

褒めたつもりが、かえって彼に嫌な思いをさせてしまうこともあります。経験談を聞いてみました。

落ち込む男性
(liza5450/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男を立てる女性は愛されるといいますが、褒める内容によっては、逆効果になることもあります。せっかく、彼の良い一面を褒めたのに、彼が喜んでくれなかったら悲しいですよね。

そこで、fumumu取材班は、褒めたものの彼が心中複雑だったエピソードを聞いてみました。


①家族思いを褒める

「友達がいる場で、彼が自分のお母さんを大事にしていることを褒めました。本当に優しい彼で、お母さんだけでなく困っている人がいると、手を差し伸べて助けるタイプなんです。私自身、彼に惹かれたポイントでもあったので、何の疑問もなく話しました。


ところが後々、友達には話してほしくなかった…と彼に言われました。どうやら、わたしの発言で皆にマザコンと思われたのじゃないかと気になったようです。受け取り方は人それぞれなので確かにそうだな…と反省しました」(20代・女性)


関連記事:紙切れさえも取っておく…物が捨てられない人にイラッとしたエピソード

②隠すために身につけたアイテムを褒める

「以前付き合っていた彼氏に、『キャップ似合うよね』と言ったときがありました。そのときは分からなかったのですが、彼は薄毛になってきたのを隠すためにキャップを被っていたことが分かりました。


それからは、地雷を踏まないように頭のことには一切触れないようにしていました。女性にはあまりない悩みも男性は沢山あるんだということをその時学びました」(30代・女性)


③彼の優しさを褒める

「彼の友達に、『〇〇ちゃんといるときのコイツってどんななの?』と聞かれました。彼も、あまりプライベートな一面に触れて欲しくないだろうと思ったので、当たり障りなく、『優しいですよ』と褒めたんです。しかし、彼は友達の前ではリーダータイプで、お調子者な性格をしていたらしく、それこそ私にしか見せない一面だったみたいです。


彼の友達に、『お前が優しいとか想像できないわ』と笑われてしまっていました。普段との性格とのギャップを露呈させてしまい、帰って彼に気まずい思いをさせてしまいました。言葉選びって、なかなか難しいですね」(20代・女性)


褒めるのもなかなか難しいことですよね…。特に、第三者がいる場で彼を褒める場合には、周りがどのように受け止めるかまで、考えたほうがよさそうです。

・合わせて読みたい→男子に好印象! 職場で「友達思いだな」と尊敬した女子の行動3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!