久しぶりの恋愛は注意点がたくさん…どんなことに気をつけたらいい?

ご無沙汰エッチは、いつも以上に注意が必要です。アドバイスを聞いてみました。

カップル
(Alife/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

遠距離恋愛や久しぶりの恋愛などをすると、久しぶりのエッチをする機会も出てきます。時間が空いた場合には、注意しなくてはならないとがたくさん出てくるものです…。

そこで、fumumu取材班は、ご無沙汰のときに注意することを聞いてみました。


①隠さず伝える

「久しぶりであることを隠さずにそのまま相手に伝えてしまうのが一番よいと思います。楽しみ、不安、緊張、などいろんな思いがあると思いますが、それも全て伝えると楽です。体を重ねる前に、気持ちも重ねて、思いっきり委ねてしまいましょう。


あまり、あれこれ考え過ぎずにリラックスした気持ちでいることが一番大切です。久しぶりなことを伝えた上で、ゆっくり丁寧なエッチをしてくれるかどうかで、彼を見極めることもできると思います。」(30代・女性)


関連記事:ゴムを使って欲しいのに…ピルを提案してくる彼への対応は?

②しっかり焦らす

「セカンド・バージンという言葉があるほど、女性の体はデリケートで、ご無沙汰だとカラダの受け入れ体制ができていないことも多いです。いつもの調子でしてしまうと、痛い思いをしてしまうことがあります。彼にしっかり焦らしてもらったり、もし彼があまりそういうのがうまくないタイプなら、自分で慣らしたりと、濡れるようにしておく必要があります。


男性が興奮しているペースに合わせると、展開が早くなってしまうこともあると思いますが、自分が気持ちよくなるためにも、いつも以上に濡れるまでお互いに前戯を大事にすることは、大切なことだと思います」(30代・女性)


③ゴムをきちんとつけてもらう

「久しぶりということもあり、気持ちも高ぶって彼がゴムをつけずにしてしまう可能性もあります。女性側も『今日はいいかな』と流れに身を任せて思ってしまうかもしれませんが、そういう時こそ、しっかりと判断してゴムをつけてもらうべきです。


また、久しぶりなことから体質や感じ方も変わるので、痛みがあった場合は体位を変えてみたりして男性側にしっかりと伝えて行うようにしましょう」(20代・女性)


あれこれと考えてしまう人もいると思いますが、緊張しすぎると痛い思いをしてしまいます。当日を迎える前に、できるだけリラックスできるような環境を作っておきたいですね。

・合わせて読みたい→意外とみんなやらかしている…エッチでの恥ずかしい失敗談3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!