アタックしすぎ…男子が「しつこくてうざい」と思ってしまう行動

あまりにアプローチしすぎると、男性にうざがられてしまうことがあります。話を聞いてみました。

スマホを触る女性
(nicoletaionescu/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本気で男性を落としたいと思ったら、かなりアプローチする女性もいるでしょう。しかし、引き時がわからないまま突っ走ると「うざい」と思われてしまうことも多いようです。

そこで、fumumu取材班は、男性たちにアタックしすぎてうざいと感じたときの話を聞いてみました。


①返信を待たずに何度もメッセージ

「返信を待たずに、何度も何度もラインやメールを一方的に送り続けるのはうざいと思われるアタックの典型例です。返そうと思っていたのに、何度も猛プッシュをかけられるとそれだけで引いてしまいます。


同様に、デートや食事の誘いを何度はぐらかされても相手に言い続ける行為は、好きとか嫌いの前にしつこい、うざいという感情でブロックしてしまいます。好きなのはわかりますが、脈なしのサインは冷静に受け止めましょう」(20代・男性)


関連記事:ツラくても次の恋へ…男子が出している「脈なしサイン」3選

②必要以上のボディタッチ

「好きだと、アタックすることは普通のことですが、度が過ぎてしまうと嫌われてしまう可能性もあります。必要以上のボディタッチや、一緒にいる時間を長くしたくてストーカーのようになってしまっては本末転倒です。

ほどよい距離感と関係性から徐々に好きと伝える流れが良い流れと言えます。友達を通して何かを伝えてもらったりも回数が多ければ、男子側も『うざい』と思ってしまいます。そう思われる前に、相手の思いをくみ取りながらコミュニケーションをとりましょう」(30代・男性)


③空気も読まず何度も告白

「気持ちが溢れて、なりふり構わず『好き』っていう子はいますよね。あれって、本当に自分本位だと思います。その事実に気がついて欲しいですね。お断りするのはそれなりの理由があるし、間髪入れずに何度も告白しても気持ちは変わりません。


そういう子に限って、周りに味方をつけて、友達を連れて告白とかをしてくるものだから、『断ったら俺が悪くなる』みたいな状況を作り出すのが上手いなって思います。どんなに後から好きになる可能性があったとしても、空気が読めず、相手のことを考えられない人は、お互いを思いやっていく恋愛の対象としては、絶対にありえないですね」(20代・男性)


相手がどう感じているかという部分を考えず、とにかく攻めれば良いと思っていると、失敗してしまうことがありそうです。相手が今のアプローチに対して、うんざりしている様子かどうか…きちんとチェックしていきたいですね。

・合わせて読みたい→友達と同じ人を好きになっちゃった! そんなときどうする?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!