一度振られてもまだチャンスがある? 2度目の告白で成功した経験談

2度目の告白は成功しないものと思いきや、成功するパターンもあるようです。話を聞いてみました。

告白
(kieferpix/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

告白して振られてしまっても、諦めきれない気持ちを抱えたままの人もいますよね。しかし意外にも、2度目の告白で成功するケースも少なくないようです。

fumumu取材班は、どういった場合にありうるのか女性たちに聞いてみました。


①シャイで疑い深い彼に2度目の告白

「一度、告白した時はその場で断られました。しかし、そのあとなぜか彼の方から連絡がありました。どうやら、まさか自分に好意を持ってもらえているなんて思ってもいなかったのでフリーズしてしまったようです。


わたしが告白したことにより、意識するようになり、もっとわたしのことを知りたくなったと言われました。


でもラインは続くのに、なかなか告白はしてくれない彼。モヤモヤしてまた私2度目の告白をしてみたら、今度はあっさりOKがもらえました。勢いで2度目の告白をして本当によかったです」(20代・女性)


関連記事:自分から告白したことがある女子が語る「メリットはとっても多い」

②相手が自分をよく知らなかった…

「私が好きになった人は、学校でよく表彰されたり、リーダーをしていたりと、とにかく目立つタイプでした。クラスも一緒だったので、てっきりよく知った関係だと思って告白したのに、彼の方は私のことを全く知らず…。


考えの至らなさに反省して、まずは彼とマメにコミュニケーションをとることから始めて告白。無事、お付き合いできました。相手が自分のことをよく知らないうちに告白してしまった場合には、2度目のチャンスもまだまだあると思います」(20代・女性)


③数年越しの告白で成功

「私は大学のときに、親しかった男友達に告白してフラれました。まあ、そういう目で見られていなくても仕方ないよね…と、わりとあっさり引けたものの、思いは消えず。数年間引きずっていました。


あるとき、彼も30代になって『そろそろ結婚相手欲しいな』といったときに、好きだったからダメ元でという気持ちもあったのでしょう。『私とかどう?』と冗談交じりに言ったら、『まあ、お前って結婚向きだよな。性格いいし』と意外と好印象。結婚はまだですが、ひとまず恋人として楽しく生活を送っています」(30代・女性)


どうしても諦めきれない場合には、時間を置いたり彼の様子を見ながら、もう一度だけ告白して見ても良さそうです。振られた理由がはっきりしている場合には、理由に注目してみても良いかもしれませんね。

・合わせて読みたい→少しでも成功率を上げるために…男子がココロ掴まれる告白のセリフ

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!