遠距離恋愛は難しいと言うけれど…長く続くカップルの特徴は?

長く続く遠距離恋愛カップルには、特徴があるようです。話を聞いてみました。

電話する女性
(shih-wei/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

遠距離恋愛になると、なかなか会えなくて辛いですよね。寂しくなったり、必要以上に疑ってしまうことで、破局してしまうことが多いと聞きます。

一方で、長続きするカップルがいるもの事実です。彼らには、どのような特徴があるのでしょうか。fumumu取材班は、長続きする秘訣を聞いてみました。


①お互い自分の世界を意識して持つ

「二人の間で、信頼関係をしっかりと構築できていることが必要なのは言うまでもありません。距離がある分、依存や束縛のバランスをとるためにも、強固な信頼関係がないとまず成り立たないでしょう。


それプラス、お互いが自分の夢中になれる世界を持つこともとても大切です。物理的に1人で過ごす時間が増える遠距離恋愛は、パートナーがいなくても有意義に過ごせる時間を自分でプロデュースすることができれば、長く楽しく続きます」(30代・女性)


関連記事:遠距離恋愛が続く秘訣は? 経験者に聞いてみた

②将来を大切にした行動をとる

「遠距離恋愛は会いたいときに会えなくて、その距離が心の距離にもなってしまいがちです。遠距離恋愛が長く続くカップルの特徴は、相手のことを想えるということだと感じます。


たとえ距離があっても、それが彼や彼女の将来に意味のある時間であることでその人の事を想えば、遠距離というのも辛いことではないはず。将来のために費やす、将来を大切にする気持ちからの行動であるので、互いに尊重することで乗り越えられる壁になります」(20代・女性)


③たまに会うための努力をする

「互いに依存しすぎないカップルは長く続く傾向があります。恋愛以外にも仕事や趣味を充実させましょう。ただし、だからといって趣味に集中しすぎると彼に放置されかねないので、たまに会う機会のためにメイクを上達させたり、彼のために料理の勉強をしてみたり、ときにはメイクの写真や作った料理の写真を彼に送ってみたりと、彼のことが好きなのだというアピールはこまめにしましょう。


こうすることで、『少しでも早く会いたい』と思ってもらえるはずです。もちろん、喜びを隠さず素直に伝えることも大切! 彼女の嬉しそうな笑顔は、脳裏に焼き付いて離れないらしいですよ」(20代・女性)


会えない時間も楽しめることが重要になりそうです。遠距離で辛い場合には、趣味を見つけたり、次に彼に会うときに喜んでもらえるようにスキルを身につけるといいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→久々に会う彼にドキドキ…距離感を間違えて失敗した経験

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!