好きすぎて素の自分でいられない…どうすればいい?

ありのままの自分でいられない恋愛もありますが、いつか限界が来やすいのも事実。アドバイスを聞いてみました。

悩む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏が好きすぎるあまり、嫌われるのが怖かったり、好かれる自分でいようとしたりして、ありのままの自分でいられないときはありますよね。

そういう恋愛は、いつか爆発してしまったり、疲れが出て精神のバランスを崩してしまいがちです。

fumumu取材班は、ありのままでいられない場合に、どうすれば良いか経験者に聞いてみました。


①その気持ちごと伝えてみる

「ありのままの自分ではない場合に、彼もありのままではない、ということが多いです。そうするとお互いに疲れてしまい、結局長続きしません。いっそのこと、その気持ちをそのまま伝えてみてはどうでしょう。


実は僕もそうなんだ…と、彼と分かり合えるかもしれません。嫌われるのが怖いということは、それだけ相手のことが好きということの裏返しでもあります。そこまで好きな彼と幸せになれるように勇気をだしてみましょう」(30代・女性)


関連記事:2人を同時に好きになってしまった…どう1人に絞った?

②いい方向に想像してみる

「ありのままの自分を好きでいてくれる人を見つけられたら幸せです。人はみんなコンプレックスも持っていて、人に嫌われたくないのは当たり前です。ですが、それが怖くて自分がオープンに生活できないようなら、それはやめたほうがいいです。


嫌われるのが怖くてあまり出せなかった自分を出してみると意外とウケがいいかもしれません。悪い方向ばかりでなく、いい方向に考えられたらそんな悩みも少しはなくなります。ダメだった時は経験として糧にできます」(30代・女性)


③「こういう女の子好き?」

「ありのままの自分を出せないときって、そういう一面を知られたら嫌われるかもしれないと怖く感じているときですよね。まずは、「こういう女の子好き?」と聞いてみてはいかがでしょうか。意外に、『ギャップあっていいかも…』という人もいますし、中には、『彼女ならまあ』とか、『どうして?』と聞いてくれる人もいます。


彼が苦手なタイプと自覚がある場合にも、意外と好きになった人なら受け入れようと頑張ってくれる人もいるので、探ってみると、素を出しても良いか見えてきます。仮に、『絶対にない、無理』というようなら、いつか衝突するときが来るので、好きでも無理して恋愛を続けていくのはきついかもしれません」(20代・女性)


ラフな状態で付き合えるととても良いですよね。

・合わせて読みたい→彼に告白されたから付き合ったけど…好きでいるために努力していた経験

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!