女子にはわかりやすいと思ったのに…気づかれにくかった脈ありサイン

露骨すぎると思っている脈ありサインも、なかなか気づかれない場合があるようです。話を聞いてみました。

悩む女性
(nicoletaionescu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

最近は草食男子といわれるほど、確信を得るまで告白ができない男性も増えています。そのため、女性的にはわかりやすいと思っている脈ありサインも、男性は全く気づいていない場合があります。

具体的には、どのようなものがあるのでしょうか。fumumu取材班は、女性たちに聞いてみました。


①挙動不審で目も合わせられない

「一目惚れしてしまい超タイプで陰からそっと見るのが精一杯だった彼がいます。彼が近づいて話しかけてきてくれると、もう緊張しすぎて目を見るなんて論外で、話していても全然内容が頭に入ってきませんでした。


こんなに挙動不審なんだから絶対わたしの気持ちはバレている…と思っていたのに、付き合った後に『ずっと嫌われていると思っていた。だって目も合わせてくれないし、避けられていたから』と、言われてびっくりしました。


好きだからそうなっていたのに、まさかそんな風に彼は思っていたなんて…無事付き合うことが出来て、誤解がとけて本当によかったです」(30代・女性)


関連記事:下心はないのに…男子に勘違いされて地味に傷ついた出来事

②定番のボディタッチやハートマークでアピール

「一生懸命ボディタッチをしたことがあります。あまり得意ではないので、軽く触れたり、服の裾をつまむ程度のものです。しかし、気になる彼には、『そういう子なんだ』と思われて終わりました。他の人にはしていないのに、心外ですよね…。


他にも、絵文字のハートマークなども気付いてもらえませんでした。ボディタッチやハートマークは本命には気付かれにくく、かといってわりとどうでもいい人に使うと誤解を招いたりなど、扱いが難しいと感じています。


相手がモテる人であればあるほど、ボディタッチやハートマークは気付いてもらえない気がします」(20代・女性)


③「〇〇くんといると楽しい」

「私は別に恋心を隠すつもりがなかったので、かなりあけすけなつもりでいました。だから、気になる彼と遊びに行ったときも、『〇〇くんといると楽しい』『はぁ、幸せだなあ』っていう感じのことを言って、特別感を出していたんです。


おかげで、周りにはバレバレだったけれど、肝心の彼には気づいてもらえなかったようです。後から聞いた話だと、どうやら、社交辞令だと思った様子。


そんな誤解されそうなこと、社交辞令でも簡単に言えないですよね…。でも、確信的なセリフを言っていなかったから、『もしかして』と思いながら、『いやいやいや』って自分を否定していたらしいです…」(20代・女性)


本当に気がついて欲しい場合には、「察して欲しい」と言うスタンスだとなかなか難しそうですね…。

・合わせて読みたい→あざといけど…結局「男子が虜になってしまう女子」5つのポイント

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!