よく食べる食欲旺盛な女子…デートをした男子の本音は?

よく食べると引かれないかと思う女性は多いですよね。男性たちに本音を聞いてみました。

食事する女性
(nicoletaionescu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

かわいく見せるために、女子は好きな相手や彼氏の前で「食べすぎる女子は、引かれるかも…」と少食を演じてしまう人もいるとか。

そこで、fumumu取材班は、男性たちに本音を聞いてみました。


①少食ではないという認識でしかない

「よく食べる女の子は見ていて、気持ちがいいとよく耳にしますが、男が言う『よく食べる』は少食ではないですよ。男って本当によく食べますから…。デートで一緒に食事をするにしても、あまりに少食だと楽しくないですよね。


僕の中では、おいしくないのかな…ハズレのお店を選んじゃったのかな…楽しくないのかな…など不安ばかりが募ります。かと言って、毎回自分よりもよく食べる、本当に大食いな女の子は、男子的にはやはりNGなことが多いと思います。


なんだかんだ言って女の子らしさを求める男子は多いものなんですよね。彼女にはどこかか弱さや遠慮がちな姿を求めてしまいます」(30代・男性)


関連記事:2回目に繋がらない…男子が初デートでイラっとした女子の言動

②食事量のバランスが合うかが大事

「基本的に男はよく食べる人が多いので、一緒に食べるときやたら小食の女子よりはよく食べる女子の方が見てて気持ちがいいと思います。ただ、あまり食べない男子側からすると食べる女子は嫌がられがちです。


必ずしもではないですが、食べる男子は食べる女子が好き、食べない男子は自分よりはるかにモリモリ食べる女子は自分が情けなく感じるかもしれません。グルメな男子にとっては一緒に連れていく女子はよく食べる女子がいいのは間違いなしです」(30代・男性)


③幸せをもらえる

「楽しいランチなのに、相手が少ししか口にしなかったら気になってしまいます。それは彼女でも同じ。話も弾んでデートも楽しいですよね。おいしそうに食べる姿は人を幸せにします。


次はあのお店に連れて行ってあげようと彼もワクワクすると思います。食事にいくたびにちゃんと完食して『おいしかった~!』と言う女子にはこちらまで幸せになります。毎回食事に行くたびに残す女性がいて、『もう一緒に食事に行きたくないな~』と思ってる自分がいました」(20代・男性)


男子は、大食いの人よりも食事を残す人への印象が良くないようです。「インスタグラムに上げるために注文して残す人はありえない」という声もありました。

また、食べる量そのものを気にするよりも「美味しそうに食べているか」を重視する傾向にあり、嬉しそうに食べる女子にキュンとしてしまうようです。

・合わせて読みたい→デートで好意が溢れ出てしまった…男子の脈ありサイン行動

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!