好きな人は先生…恋をしてショックを受けたエピソード3選

先生を好きになりアタックすることで、辛い思いをすることもあるようです。詳しく話を聞いてみました。

失恋
(weerapatkiatdumrong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

学生時代、先生を好きになってしまったという人もいるのではないでしょうか。顔を合わせられる空間にテンションがあがることもあれば、痛い目を見ることもあるようです。

fumumu取材班は、詳しく話を聞いてみました。


①塾の先生にチョコを渡そうとしたら…

「中学生の時に通っていた塾の先生(大学生)を好きになりました。わたしは受験を控えていたものの、先生のことが気になって、塾にいる間は常にチラ見。バレンタインはチョコを渡そうとカバンにしのばせて塾に行きました。いつなら人目を避けて渡せるかな…とドキドキ。


質問があるふりをして講師控室へ行くと…そこには先生仲間の女子大生と手をつないでおしゃべりをしている先生がいました。今なら『バイト中に生徒も入ってくるところで何やってるんだー』と思いますが、当時は純なわたし。


気まずくて『あ、間違えました…』と意味不明な言い訳をして、そそくさと退散しました。女子大生の先生がとてもきれいだったこともあり、部活一筋で色気ゼロの自分がチョコを渡そうと思ったことすら恥ずかしくなったことを覚えています」(20代・女性)


②卒業まで待つも本気にされていなかった

「高校時代に、先生を好きになりました。職業上の問題とか、世間的な問題を気にしました。私がいいと思っても、私が未成年なだけに、苦労するのは彼の方です。それがわかっていたものの、どうしても気持ちを諦めず、告白したときにも、『卒業まで待つから』と訴えました。


結局、OKがもらえたので、高校時代は誰とも恋愛せずに、先生への想いを募らせていきました。しかし、卒業後、彼の元に行くと、彼にはすでに彼女がいました。『卒業するころには、気が変わるなり忘れるなりしてると思った』と言われてしまい、とてもショックでした。こんなことなら、彼への気持ちを諦めて、青春時代を楽しめばよかったです」(20代・女性)


関連記事:新しい彼氏が見つかるかも? ちょっと変わった「恋人との出会い方」3選

③露骨に避けられるようになった

「高校1年生の時に、物理の先生に思いを伝えると、彼はその日以降から、露骨に避けるようになりました。『どうして!』と思わず怒った日もありましたが、彼が真剣な顔でその理由を答えてくれました。


教育するという立場上、決して良くないことであり、ひとりの生徒を特別視するわけにはいかないと…。また、『まともな大人なら未成年を相手にしない』『同級生や、年上が好きなら先輩に目を向けてみなさい』と諭されました。


当時は深く傷つき、先生の顔も見たくなくなりましたが、大人になった今思えば、真正面から説明してくれて素晴らしい先生だと思っています」(20代・女性)


漫画でもありがちなシチュエーションで、先生との恋愛を夢見る人は多いですが、現実は難しいものです。

どうしても先生への気持ちが本気で忘れられないのであれば、卒業式後など先生に迷惑がかからないように配慮したいものです。

・合わせて読みたい→中村倫也が犬と戯れる姿に「最強でしかない」「癒し…」とメロメロ

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!