渡辺直美がNYマガジンの表紙に 自分の体型に「どんなカラダでも…」

お笑い芸人の渡辺直美さんが、ニューヨークのマガジンの表紙を飾ったことを報告し、多くの反響が寄せられています。


お笑い芸人の渡辺直美さんは現在、本格的にニューヨークでの生活もスタートさせ、「生き様が芸人でありたい」と新たな道を邁進中。

3日、自身のインスタグラムで「初めてNYのマガジン @thecut の表紙を飾りました! 涙!うれぴ!」とニューヨークのマガジンの表紙を飾ったことを報告しました。


■「表紙は鏡餅スタイル」

直美さんが表紙を飾った『The Cut』は、最新のファッションや美容、政治や注目の人物をピックアップするなど、ニューヨークで人気のマガジンです。

インスタでは「表紙は鏡餅スタイル 私の身体を素敵に表現してくれました ありがとうございます」とコメントを残し、自身が“鏡餅スタイル”と表現する、オレンジ色の髪型&白のロンパースを着た姿を公開。

そのほか、個性的な花柄ワンピースなどを身にまとってキメキメなポーズや、脱力感満載の寝転んだ1枚など、複数の写真を公開しています。

View this post on Instagram

@thecut 初めてNYのマガジンの表紙を飾りました! 涙!うれぴ! 表紙は鏡餅スタイル🤣🧡 私の身体を素敵に表現してくれました💎 ありがとうございます😊 最後の写真🤣🤣集中力切れたやつ😂 インタビュー記事もあります! ストーリーズにあげておくね! My first time on the cover of NY’s @thecut magazine! There’s an article too so I’ll post it up on my Stories!! Thank you for showing my body in a beautiful way. Thank you to all the professionals!🙏. プロフェッショナルの皆様本当にありがとう🙏 Photographs by @catherineservel Photography Direction by @lradel Styled by @yeyoungkim9 Makeup by @seongheeparkmakeup Hair by @tetsuyayamakata Nails by @nailsbymei Love by @georgerootnyc

A post shared by 渡辺直美 (@watanabenaomi703) on


関連記事:渡辺直美、NYで語った言葉にファン震える 「ニューヨークの生活は…」

■笑わせること「それはオルガズム」

「日本のコメディアンがアメリカと世界にやってくる」とのタイトルでインタビューを受けている直美さん。『The Cut』のサイトでもインタビューが掲載されています。

2008年にバラエティ番組でビヨンセのモノマネでデビューしたことから、10年後の2018年、アメリカの雑誌『TIME』が「インターネットで最も影響力がある25人」では日本から直美さんが選ばれたこと、現在はインスタで最もフォローされている人物であることなど…直美さんの軌跡を辿ります。

お笑い芸人として「みんなを笑わせるのが好き。日本人だけでなく」と話し、笑わせているときに感じる喜びは説明が難しい…と言いながらも「それはほとんどオルガスムです」と直美さんらしい表現で答えています。

次ページ ■「それを受け入れる自分が好き」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!