「相談しなければよかった…」友達に言われて悲しかったアドバイス

信用して相談しても、自分の望む言葉が返ってくるとは限りません。アドバイスで傷ついた経験を聞いてきました。

ショックを受ける女性

(Koldunova_Anna/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

勇気を出して相談したのに、返ってきた言葉に傷ついてしまうことってありませんか? 相手にとっては励ましのつもりでも、受け手にとっては悲しい言葉になる場合もあるようです。

今回は、友達に言われて悲しかったアドバイスを、女性たちに聞いてきました。


①「そんなこと気にしてるの?」

「自分は悩んでいることなのに、『そんなこと気にしてるの?』と言われたときはショックでした。人から見たら小さなことかもしれないけど、自分にとっては大きなことなのに…と思いましたね。


自分の器が小さいと言われているような気もして、少しイライラもしてしまいました。そういうことを言われると、次からこの子には相談しないようにしようと思いますよね」(20代・女性)


関連記事:相手の傷をさらにえぐりたくない! 相談されたときに気をつけていること3つ

②「もっと大人にならなくちゃ」

「仕事のことを相談したときに、我慢することが正しいことのように『もっと大人にならなくちゃ』と言われたのは悲しかったです。気持ちを理解してくれると思ったから、相談したのに…。


長い物には巻かれろ精神なのかもしれないですけど、私はおかしいことを我慢することがいつも正しいとは思わないし。一方的に私が子供のように言われたのは、嫌な気持ちになりました」(20代・女性)


③「自分に自信なさすぎじゃない?」

「彼氏のことで相談をしたときに、『自分に自信さなすぎじゃない? もっと自信持ちなよ!』と言われたことがあるんです。その子にとっては励ましだったのかもしれないけど、自分が卑屈だと言われているようでショックでした。


自信って、そんな簡単に持てるものでもないじゃないですか。自信を持ったからって、悩みがすべてなくなるわけでもないし…。それ以上なにも言えなくて、『まぁ、なんとかしてみるよー』と話を終わらせてしまいました」(20代・女性)

自分の望む言葉を、相手がいつも言ってくれるわけではないですよね。だからこそ、聞きたくない言葉をシャットダウンする権利もあるはず。

「聞きたくないな」と思ったなら、さりげなく話を方向転換してみるのもいいのかもしれません。

・合わせて読みたい→男子が「この子、自分に自信がなさそう」と感じてしまう女子の言動3選

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!