失恋の傷をどう乗りこえたらいいの? 叶わなかった恋に向き合う方法

大好きだったのに、叶わなかった恋。女性たちに、失恋から立ち直る方法を聞いてきました。

海と女性
(Hakase_/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本気で好きな相手ができても、すべての恋が叶うわけではありません。成就する恋があれば、その反対で実らなかった恋があることも。

痛すぎる失恋の傷に、どうやって向き合えばいいのでしょうか? 失恋を乗りこえた経験がある女性に、その方法を聞いてきました。


①本当に脈がないんだと分かるまでアタックする

「『まだ脈があるかも!』と思うと絶対に諦められないので、どうがんばっても彼女になれないと納得するまでは、相手にアタックします。告白もできないまま諦めてしまうと、未練が残って次の恋に踏み出せないと思うから。


はっきりフラれたら、そりゃあ傷つくだろうけど…。それでも、傷つくからこそ気持ちを切り替えられると思います。自分の気持ちを100%伝えてだめだったら、諦めるしかないですもんね」(20代・女性)


関連記事:失恋のショックで暴走! 後悔している行動3つ

②悲しみを出し切るまで友達とバカ騒ぎ

「彼氏にフラれたときは、ずっと友達が遊びに付き合ってくれました。フラれたときのことを話して、わんわん泣いて。『どうして私がフラれるんだよ!』って怒ったりもしましたね(笑)


朝までカラオケオールして、飲んで歌って騒いで…。クタクタに疲れたら家に帰って寝て、また遊びに繰り出して。


そうやって遊んでいるうちに、だんだんフラれたことを笑って話せるようになりました。立ち直るまで付き合ってくれた友達には、感謝しかないです」(20代・女性)


③趣味や仕事に没頭する

「相手のことを考えると悲しくなってしまうから、他のことに意識を向けるようにします。休みの日は趣味に時間を使って、平日は全力で仕事して。心の傷は時間が治してくれると思うので、恋愛のことを一旦忘れたほうがいいのかなって。


悲しくてなにも手に付かなくなってしまうと、恋愛も仕事もできない自分に落ち込んだりもするので…。他のことで成果を出していれば、いつか気持ちも和らいでいくと思います」(20代・女性)

失恋の傷を癒すには、周りのサポートや、時間がお薬になることが多いようです。

好きの気持ちが大きいほど、失恋の傷も痛みます。すぐに切り替えようとせずに、時間とともに少しずつ気持ちに整理をしていけたらいいですね。

・合わせて読みたい→あまりにしつこいとストーカーに…同じ人に何度も告白した3人のその後

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!