エッチ中に発する男子の言葉…女性陣が「それいい!」と賛同した言葉は…

先日放送された『スピードワゴンの月曜The NIGHT』では、エッチ中の男性からの言葉について女性の本音トークを展開しました。

■「イクとかどうでもよくなる」

また、“イク”話の延長で小沢さんから「男子だけ果ててしまい、欲求不満の状態のときはあった?」と質問。

女性陣は「それはある」としながらも、官能作家の蒼井凜花さんは、「(イクことが)義務になってしまうと、リラックスできなくなってしまう。今、2人で楽しみを共有している、というリラックスの感覚のほうが大切」と話します。

AbemaTV
@AbemaTV

TENGA広報・西野さんは「関係性によると思う」と前置きし、「すごく好きな人や一緒にいて楽しい人は、イクとかどうでもよくなる」と、一緒にいる空間が大切であることを語りました。


関連記事:好きな相手だから言いづらいけれど…彼氏と体の関係で感じている不満

■女性がイカないと「申し訳ない」

西野さんの言葉に小島さんも「わかるぅ~!」と共感しますが、井戸田さんは「でも、こっちとしては是非イッていただきたいんですよ!」と、相手女性がイカないことに「申し訳ないな」と思ってしまうという男性の本音をぶつけます。

これには小沢さんも「我々は年だから、自分らがイカなくてもいいから女子が喜んでくれればいい」とキッパリ。その隣で井戸田さん「イヤ、俺はイキたい」と永遠の思春期ぶりを見せました。

正解はありませんが、「一緒にいる時間」「イクこと」「イカせること」…重きを置くポイントが違うことで、大きなすれ違いとなってしまうこともあるのではないでしょうか。お互いが思いやりをもって、話し合うことの重要性を感じます。

・合わせて読みたい→弘中綾香アナ、相談する後輩アナをバッサリ 「問題意識がズレてんの!」

(文/fumumu編集部・長谷川 瞳

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!