小島瑠璃子、体型への指摘に心境を吐露 「ブルーになりました」

タレントの小島瑠璃子さんが、自身の体型に対するコメントを受けて、持論を述べました。

小島瑠璃子
(画像は小島瑠璃子Instagramのスクリーンショット)

タレントの小島瑠璃子さんが、自身の体型に対するコメントを受けて、持論を述べました。


■水着のオフショット満載!

小島さんは、13日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)の表紙と巻頭にビキニ姿で登場しています。

自身のインスタグラムでは12日から、シンガポールの撮影であったことを明かし、「オフショット沢山あるのでまた載せますね」と綴り、数日に渡り貴重なオフショットを公開しています。


関連記事:小島瑠璃子、インスタグラム開設に「キター!」とファン歓喜

■「ちょっとだけブルーになりました」

14日に更新したインスタには、オフショットとともに長文を綴っています。

「ちょっと思ったこと」と書き出し、コメントに「細すぎだよ!」「太った?」との言葉がたくさん書かれていることに対して「この時代にそういう事言ってもいいって思ってる、言いたい人がいるんだなー。ってちょっとだけブルーになりました」と心境を明かしました。

View this post on Instagram

📷 週プレ🇸🇬OFF-SHOT ちょっと思ったこと。 コメントの中に細すぎだよ!とか太った?とか沢山書いてあって、この時代にそういう事言ってもいいって思ってる、言いたい人がいるんだなー。ってちょっとだけブルーになりました。私は腕と脚はガリガリってぐらいお肉がつかなくて、お腹はもう食べたものがすーぐお肉に変わります。痩せすぎ要素とブヨブヨ要素が身体に両方あります。(グラビアの時は必死こいてお腹だけトレーニングして平らにします笑)筋トレもしたりするけど疲れが取れるのが超遅くて、結果が出るよりもしんどさと体調不良が勝っちゃいます💦 実はずっと文化部でした笑 太ってようが痩せてようがその人にあった体型があって、笑って暮らせる体型でいるのが一番人間らしい。それを他人が太ってる痩せてるっていうものさしで決めるのは窮屈だなって思います。 とはいえ、私も気をつけよ。 距離感が近いひとに、世間話として痩せたー?とか太ったー?とかも、その人がどう思ってるかわかんないな🙈 グダグダいってすいません🙏🏻

A post shared by 小島瑠璃子 (@ruriko_kojima) on

先日もボディラインのわかるような写真を投稿した際、足の細さを指摘するようなコメントが多く、昔から「腕と足には肉がつかない」と、自身の体質を説明していたばかり。

今回も改めて「私は腕と脚はガリガリってぐらいお肉がつかなくて、お腹はもう食べたものがすーぐお肉に変わります。痩せすぎ要素とブヨブヨ要素が身体に両方あります」と改めて説明しました。


■「太ってる痩せてるっていうものさしで…」

続けて「太ってようが痩せてようがその人にあった体型があって、笑って暮らせる体型でいるのが一番人間らしい。それを他人が太ってる痩せてるっていうものさしで決めるのは窮屈だなって思います」と持論を述べました。

また、「距離感が近いひとに、世間話として痩せたー?とか太ったー?とかも、その人がどう思ってるかわかんないな」と体型の指摘について苦言を呈しています。

この投稿には「ついつい言ってしまう。気をつけないと」「痩せてない?と言ってました、ごめんなさい」とのコメントが多数寄せられています。

親友の菊地亜美さんからも「瑠璃子のことが好きだからあと10キロ痩せても太ってもどっちでもいいよ!!爆笑」とのコメント、あびる優さんからも「同感! こじるり素敵よ!」と暖かいメッセージも。

なかには「芸能人なんだから仕方ない」というコメントも見受けられますが…。芸能人に対して、本名を明かさずに一方的に傷つける言葉を投げる。これは「仕方ないこと」ではないはずですよね。

・合わせて読みたい→小島瑠璃子、眉毛タトゥーを明かし反響集まる 「雰囲気変わる」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!