「交際したら不幸の始まりじゃ…」告白前に冷めた瞬間

好きでも一瞬で冷める! 美化して作り上げた相手の虚像が実像に戻るとき…

落ち込む男性
(kieferpix/Getty Images Plus/写真はイメージです)

片思い中というのは、相手の良い想像を膨らませ勝手に美化してしまいがち。ただ、相手と接するうちに徐々に実像を知って「思っている人と違った」と恋心が冷めることも。

そこでfumumu取材班は、告白前に冷めた瞬間を聞いてみました。

 

■金欠アピールがすごい

「マッチングアプリで知り合った美女、二回目のデートから様子がおかしかった。会えば必ずと言っていいほど”金欠アピール”をする。カンパして欲しいのか、それともただ日常会話のひとつとして言っているのか…。どちらにせよ、付き合ったら『お金ないから数万円貸して』『家賃払えない』と言われるのがなんとなくわかったので、フェードアウトした」(30代・男性)

 

■SNSがキラキラで男友達が多い

「好きな子が出来るととりあえず名前からSNSのアカウントを探してしまう。で、会社の先輩の結婚式で仲良くなった女性のSNSを覗いたら今流行り(?)のキラキラ系でがっかり。SNSで目立ちたがりな子って承認欲求強めで、見栄っ張りが多いし、自分の経験上、精神的にも不安定な子が多いから付き合っても続かないんだよね」(30代・男性)

 

「SNSで謎に男友達が多いって時点で結構萎えるかも。そんな子と交際しても安定感がないし、嫉妬で苦しむから恋愛対象ではないね」(20代・男性)

 

■占いやスピリチュアルに夢中

「女子って占い好きな人多いよね。別に占いとかを信用するのはいいけど、吉方位とかで行く場所も決めてしまうくらいのハマり方は辛いし、俺にはついていけない」(30代・男性)

 

「少し前に好きになった子がスピリチュアルにどハマりしている人だった。口を開けばそういう系の話ばかり。好きだったけど、やっぱり会話がかみ合うかどうかって大事なんだなと…」(20代・男性)

 

アプローチしてきたと思ったのに彼が急にそっけなくなった、連絡が取れなくなった、という場合冷めた可能性が。交際前のデリケーとな時期は些細なことで冷めたりしますからね。自分を表現するのもいいですが、恋愛をしたいのなら少しは人の目も気にしたほうがいいのかも。

・合わせて読みたい→男子が「これ以上交際は続けたくない…」とためらった女子の3つの特徴

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!