使う相手はよく選んで! 社交辞令を真に受けられて面倒になった体験談

会話の中で社交辞令を言ったつもりが、それを真に受ける人がいます。その後、面倒な展開になってしまい…

悩む女性
(Jakraphong Pongpotganatam/Getty Images Plus/写真はイメージです)

社交辞令のつもりで言った言葉を、真に受ける人もまれにいます。そのような場合はすれ違いが起きて、面倒なことになってしまうでしょう。


■4割が社交辞令を言わない

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、社交辞令はあまり使わないか、調査を実施しました。

社交辞令はあまり使わないグラフ

「使わないほうだ」と答えた人は、全体で41.3%でした。

fumumu取材班は女性達に、社交辞令を言って面倒になった体験談を聞きました。


関連記事:男子の「モテるでしょ」に込められた意味…どう返すのが正解?

①上司に「また飲みましょう」と言ってしまい…

「上司とお酒の話になり、そこそこ盛り上がったんです。そこから何気なく『また、みんなで飲みに行きましょう』と思わず言ってしまいました。


私は社交辞令のつもりでしたが、上司がとても乗り気になってきて…。『みんなに声かけて、セッティングまでしておいて…』と言われてしまったんです。


部署のみんなに話すと『なんてこと言ってくれたんだ』と嫌な顔をされ、申し訳ない気持ちになりました」(20代・女性)

次ページ ②モテない先輩に「かっこいいですよ」と言うと…

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!